メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2018.09.09

なぜ日本の貯蓄率は低い?日本と世界の差


 かつて日本人は貯蓄好きの国民というのが一般的な常識でした。実際にはオイルショック直後の1974年まで家計貯蓄率は上がり続け、ピーク時には23.2%にまで達しています。それ以降は低下傾向が続き、特に2000年からは急速に低下。2013年にはマイナス1.0%を記録しています。

 そこで今回は、日本の貯蓄率の推移と世界比較について調べてみました。

●日本の貯蓄率は31か国中、下から10番目

 OECDでは約38か国の家計貯蓄率を毎年統計しています。21世紀に入り、ずっと1位を続けているのは中国。最高だった2013年には38.46%の数字を記録し、最新統計の2015年でも37.07%となっています。一方、...

会員登録はコチラ
スゴ得クーポン
お得にEnjoy♪dポイント!

あなたにオススメのコラム

マイページに追加