メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2018.09.13

世界の「親日国」とその理由


 世界にはさまざまな国があり、国連加盟国でも193カ国あり(2018年8月現在)、そのなかにはたくさんの「親日」国があります。

 科学ジャーナリスト・ノンフィクション作家で、統計学の分野でも活躍する佐藤拓氏は、236ものデータを徹底的に読み解き親日度を計った『親日国の世界地図』において、「国民のおよそ八割以上が親日的で、反日派が一割に満たない」世界で最も親日的な6カ国として、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、マレーシア、台湾を挙げています。

 ではなぜこれらの国は親日的なのでしょうか。上記の6カ国をはじめ、世界の「親日」国を取り上げ、その理由を考えてみたいと思います。

●世界の「親日」国・ト...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 65.4%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加