メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2019.02.24

未来の乗り物「セグウェイ」は今どうなった?


 アメリカ生まれの一人用の立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」。

 2001年に“未来の乗り物”と大きな話題をよび、期待されて市場に登場してから約18年が経過しました。日本での活用や普及は、今どうなっているのでしょうか。今回は、“未来の乗り物”「セグウェイ」に注目してみたいと思います。

●重心移動で操縦。誰でも簡単に運転できる

 「セグウェイ」は、ジャイロセンサーの働きによって前に体重を移動すると加速し、後ろに体重を移動すると減速、右足に体重を掛けると右折、左足に体重を掛けると左折するといった、重心移動だけの簡単かつ、身体と親和性の高い操縦で可動します。

 2003年には一般向けの販売も始まり、以降約10...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 65.9%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加