毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2019.04.13

織田信長は「元号」をどう考えていたか?


 元号を定める手続きは、鎌倉幕府が成立する以前から、近臣による勘申(かんじん=朝廷の儀式などについて、先例・典故・吉凶・日時などを調べて上申すること)を受けての発議、文章博士ら有識者による撰定を受けての承認という手続きにより定められていました。天災や戦乱、疫病などが起きた場合に「不吉」なことを遠ざけるためなど、色々な理由で改元が行われました。

 しかし、改元における天皇の役割が形式化したのは、比較的早い時期のことで、形式的には時の帝による発議と勅裁という形式を維持しながらも、帝の関与は儀礼化していきます。

 政権のあり方に翻弄された事例として、ここでは、織田信長と足利義昭の抗争が大きく影響した「元...

ジャンル 時事/オピニオン
会員登録ボタン
8/9(火)のクイズ! ホントの話
日本には「六曜」と言われる、暦注の一つがあります。そのなかで「正午の前後を除いて凶日とされる日」と言われているのはどれでしょう?
正解率 : 60.1%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング
今日は何の日?
8月9日(火)

関連記事

よく読まれている記事

1
納豆を毎日食べる人ほど死亡リスクが低い?
2
欧州で義務化される「ISA」車とは?
3
海外で「週休3日」を導入した結果
4
仕事で「ミスの多い」人の特徴は?
5
宝くじ高額当せん者の3つの「共通点」

あわせて読みたい

マイページに追加