メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2020.01.07

災害大国・日本で生きていくための防災の心構え


 トンボを意味する「あきづ」に由来する秋津島、花や実、葉を編んでつくる飾りにあやかった花綵(はなづな)列島。いずれも美しい自然に恵まれている日本に与えられた呼称です。しかし、このように呼ばれる自然豊かな日本は、常に自然の脅威にさらされている「災害大国」でもある。私たちはこのことを強く認識しなければなりません。

●防災の心構え1:相手を知る

 防災にはもちろん「備え」が重要なのですが、大きな自然災害で必ず聞かれるのが「想定外」ということです。多くの災害は私たちの想定範囲を超えた被害をもたらします。この「想定外」の事態をできるだけ軽減するためには、まず「相手を知る」ということが重要です。相手を知る、つ...

ジャンル 時事/オピニオン
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 63.7%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加