メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2020.09.09

台風は毎年いくつ発生しているのか?


 「台風」とは、「太平洋西部(赤道より北で東経180度より西の領域)や南シナ海に現れる熱帯低気圧のうち、最大風速(10分間平均)が17.2m/s以上になったもの」を指します。

 そして、気象庁による《台風の強さ》と《台風の大きさ》の階級区分は、以下のようになっています。

《台風の強さ》
階級:最大風速
強い:33m/s(64ノット)以上~44m/s(85ノット)未満
非常に強い:44m/s(85ノット)以上~54m/s(105ノット)未満
猛烈な:54m/s(105ノット)以上

《台風の大きさ》
階級:風速15m/s以上の半径
大型(大きい):500km以上~800km未満
超大型(非常に大きい):800km以上...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 65.3%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加