メニュー
閉じる
戻る
閉じる

line
彼を落とすLINE・メールテクニック



まず言っておきたいのが、「これをLINEやメールに書いたら必ず落ちる」というものはありません
何よりも大切なのは、相手の状況自分の立ち位置(現在相手から見てどんな存在なのか、どのように思われているか)によってメールの内容を変えることです。

たとえば、相手が自分に全く関心がないのに頑張ってメールをたくさん送ってもウザいと思われてしまいますからね。

それでは状況別に解説していきますね。

【相手のタイプを見極めてメールの内容を変えるテク】
彼がモテる人、あるいは自信満々タイプの場合:
相手に気がないようなさっぱりした内容を書きつつ、たま~に思わせぶりなことを書いて相手を惑わせてみましょう。内容はさっぱりしているのにハートやラブリーな絵文字を添えるのも相手を惑わせるテク
惑わせることでこちらに対する関心を抱いてもらえるようになるでしょう。ただしメールの送り過ぎはNG

相手がそんなにモテない人、あるいは自分に自信がなさげなタイプの場合:
このタイプの人はだれかに構ってもらうと嬉しいので、相手を気に掛けてあげる内容のメールを。例えば何かを心配してあげたり、体調を気遣ったり、やや世話焼きになってもいいでしょう。このタイプの人は自分のことを構ってくれる相手に好意を抱きやすいですよ。

【自分の立ち位置によってメールの内容を変えるテク】
相手が自分にまだ気がないor相手が自分をどう思っているか分からないor連絡先を教えたのに相手からの連絡がない場合:
この場合は、いきなり自分の気持ちを伝える内容やシリアスな内容は重たいと思われ、逆効果に。もちろん長文メールもNG
とりあえず挨拶や近況報告程度のメールから始め、相手の反応を見ながら徐々に思わせぶりなことを書いてみたりして、「こいつオレのこと好きなのかな??」と相手を惑わせ、自分に対する好奇心を抱かせて気を惹いてみましょう。

相手が自分に気があるのは分かっていても、なかなか進展しない場合:
これはデートにこぎ着けるためメールを。この場合は「今度食事しましょうね」と言いつつ、その"今度"がいっこうに訪れない場合があるので、具体的な日程を提案するなどして話を具体化していくことが肝心です。
また、自分が落ち込んだり仕事などで失敗した時に、そのことを素直にLINE・メールするのもオススメ。相手はあなたに親近感を持って、そこから急接近するでしょう。

【まとめ】
同じ内容のメールを送るにしても、相手がLINEやメールを読む状況によってとらえられ方が変わるものです。

例えば、忙しく仕事をしている時や込み入った状況の時などにメールが来れば、それを面倒と感じるかもしれませんが、帰宅途中の電車の中や家に帰りホッとしている時にメールを受け取れば、ウキッとする可能性が高いでしょう。ですから相手の都合を考えて送信することも大切です。

とにかくNGなのは、返事を催促するような内容、相手の気持ちを確認するようなメール、そしてメールのし過ぎです。これらは相手にプレッシャーを与えることになりますからね。

基本、男はハンターの本能を持っているので、追われるより自分から相手を追いたいものです。ですから女の子がLINEやメールで相手を追ってはダメ。LINEやメールもあくまでも男のハンターの本能を呼び起こすツールと考えて、そのツールを使って相手から追われるようにするのが狙いです。

ちなみに、あーだこーだとテクを解説しましたが、kaowitchはあまりメールをしないですよ(笑)。自分から積極的にメールをしないというのもテクニックかもしれませんね。


夜の恋神へ
kaowitch先生とは?

ページTOPへ▲

>>kaowitch先生TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ
iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加