メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

日常の中で自然に耳に飛び込んでくる「音」。
時計やエアコン、電話の着信音やインターフォン、人の声、風や雨の音など、私たちはいつも音に包まれた世界で生きています。
静かな部屋の中に身を置いたとしても、自分自身の呼吸や鼓動、体を動かす時に生じるさまざまな音が聞こえてきます。
「音」は拒絶し切れないものと言えるでしょう。
今回は、私たちと切り離せない「音」を使って、心の平静を取り戻して嫌なことから解放されるための秘術をご紹介します。


<音の種類>

聴いているだけで気持ちが穏やかになる音は、自分に合った波長の協和音です。
波の音や水のせせらぎ、雨音などを聞くと、心が落ち着きませんか?
これは、自然音の中にリラクゼーション効果のあるゆらぎの音が含まれるからです。波の音は胎内の音に似ていると言われています。
自然音に限らず、聴いていると心が落ち着く音楽や音なども、協和音に入るでしょう。
一方、聴いているだけで気分が悪くなったり、荒々しい気持ちになる音は、自分と合わない波長の不協和音です。
けたたましいサイレンやうるさい騒音、人の怒鳴り声や悪口などを耳にすると、心穏やかにいることが難しくなりますよね。
また、嫌なことを思い出してしまう音や声も、その人にとっての不協和音になるでしょう。


<心の平静を取り戻して嫌なことから解放されるための秘術>

嫌なことを思い出してしまうと、心が乱れがちになります。
直接「音」が影響していることもありますが、「音」とは無関係なものもあるでしょう。
いずれにしてもそれは、自分にとって波長が合わず、協和できない環境です。
イライラしたり、ヤケを起こしてしまうなど、いつもの自分を忘れがちになります。
そうならないために、「音」を使って自分をチューニングすることで、心の平静を取り戻し、嫌なことから解放されましょう!


用意するもの:波や水のせせらぎなどのCD、倍音のCD、または音叉(528Hz)

1)1人で過ごせる静かな部屋の中で、ゆったりとした服に着替えます。
どうしても他の音が聞こえてしまう場合は、なるべく静かな時間帯を選ぶようにしましょう。

2)椅子やソファ、ベッドなどに座って目を閉じます。

3)※どちらの場合も、「音」を感じることと呼吸に集中することがポイントです。


CDの場合:嫌なことが薄れて消えていくことをイメージしながら、CDを聴きます。
「音」を聴きながら、呼吸を徐々に深め、ゆっくりしたリズムに整えてください。
ゆっくりおなかいっぱいに鼻から息を吸ったら、さらにゆっくりとすべてを吐き切りましょう。
吐く時は鼻からでも口からでも構いません。

音叉の場合:音叉を手に持ち、たたく準備をしたところで、目を閉じて呼吸を深めていきます。
ゆっくりおなかいっぱいに鼻から息を吸ったら、さらにゆっくりとすべてを吐き切りましょう。吐く時は鼻からでも口からでも構いません。
呼吸のリズムが整ったところで音叉をたたいて振動させたら、耳の近くに持っていき、振動の音を聴きます。
音叉の音が消えてなくなるまで、「音」に集中してください。消えゆく音と一緒に、嫌なことが消えていくことをイメージします。
これを繰り返してもいいですが、1度に行うのは2回までにしましょう。
※「音」が聞こえにくい場合は、耳に音叉の柄を当てると聴こえやすくなります。

この秘術は、必要だと思った時なら、いつ行っても構いません。
また、秘術だけに頼らず、なるべく不協和なものと距離を置いたり、影響を受けないように意識することも大切です。
自分をチューニングしながら、流されない自分をキープするクセを付けられれば、もっと楽に生きられるでしょう。




ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加