メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

春を過ぎ、夏が近づいてくると、湿気の多い日本ではジメジメ度がどんどん上がります。
どんよりした梅雨の空模様が続く日は精神的にも沈みがちになり、湿邪が身体の内外から影響し、体調不良を起こすこともあるでしょう。
今回はこうしたジメジメを払うための秘術をご紹介します。

<ジメジメの原因>

人とのコミュニケーションでは、自分の伝えたいことを伝えると同時に相手の話を聞きますよね。
話が合えば楽しい会話になりますが、どちらかが不快な発言をすると、心にジメジメが生まれます。

それとよく似ているのが、息を吸って吐く呼吸です。
古い空気を吐き出して、きれいな空気を吸い込めれば快調ですが、よくない空気を吸ってしまうと気分が悪くなるでしょう。
肺の中の空気を出し入れすることは、肺で行う外界とのコミュニケーションのようです。

人間は生きるために呼吸が欠かせないだけでなく、人とのコミュニケーションも不可欠ですから、外界を断ち切ることのできない生き物と言えるでしょう。


<ジメジメを払う秘術>
■身体
まずは身体のケアです。身体のだるさや頭の重い感じを払うには、小まめに口をすすぎ、口腔内のネバネバを流しましょう。
舌苔のケアも有効です。

また、肌トラブルを払うには、清潔な下着を身に付けることが大切です。
1日の途中でショーツをはきかえるのもオススメです。
ジメジメを吸収しやすい衣類を快適に保つことで、すっきりした気分を取り戻せるでしょう。

※体調不良が続いている時は病院へ!
疾患を抱えてしまっては元も子もありません。

むくみやすさが気になる時は、椅子に座った状態、または立った状態で、足首の曲げ伸ばしを繰り返し、ふくらはぎの収縮運動を。
また、就寝前に仰向けに寝た状態で自転車こぎ運動をするのも良いでしょう。
この時の腰の位置は、床に下ろしたままでも、両手で腰を支えて上に上げても構いません。
可能なポジションで行ってください。
1~2分間行ってから眠ると、翌朝の足の太さは、2本で1本分という印象を持つほどに細くなっているでしょう!

■精神
身体のケアが終わったところで、精神のケアです。
姿勢を正して、椅子か床に座ります。らくに座ったところで、身体の中にある汚れた空気のすべてを吐き切り、もう吐けないというところで、自然な呼吸で新しい空気を取り込みましょう。

これを数回繰り返しながら、心の中のジメジメのすべてが呼吸のたびに浄化され、穢れのない空気で満たされる自分をイメージします。
頭にきたこと、相手を呪うような発想をしてしまったこと、ツイていないと思ったこと、心配事…、それらすべてが浄化されていくでしょう。

この方法は、人と話す時にもオススメです。気に障ったり、不安になった瞬間に、自分の中に抱えたジメジメの心を、吐く息と共に出し切ります。
そして、新しい空気を取り込みながら、大丈夫な自分になっているとイメージしましょう。
余計な失言をすることなく、大人のあなたとしてのすがすがしい対応ができるはずです。

いかがでしたか?
むくみ対策の足の運動と呼吸法は、私のお気に入りのケア法です。
また、心身共に滅入っている時は、まず身体のケアをしてみましょう。
身体からアプローチすることで心のあり方に変化が表れるはずです。
心身のジメジメを取り除いて、爽やかにいきましょう!




ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加