メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

バレンタインが終わり、ハッピーにはしゃぐ人がいる一方で、後悔の気持ちを募らせている人もいるでしょう…。
恋はエネルギーの源にもなりますが、その分、失ったり、つまずいたりしたときのパワーダウンが大きくなってしまうのはどうしようもありません。
しかし、これを経験として今後に活かすことは可能です。
そこで今回は、すべての恋の過去を未来に活かすための方法をご紹介します!

<恋の過去の意味>
どんな恋の失敗や後悔も、喜びや幸せも、あなたの人生の一部です。
恋の過去を否定したり、封印したり、恥ずかしいと思うことはありません。
すべてはあなたの経験です。
受け入れてこそ、あなたのこれからの未来に役立てることができるのです。
まずは恐れずに向き合ってみましょう!

<恋の過去を受け入れて未来に活かす秘術>
※火を使うので、火の始末には十分に注意してくださいね!

~用意するもの~
小さいキャンドル(バースデーケーキ用のものなど):心底後悔した過去の恋の数分
キャンドルを立てられる耐熱性の器
大きいキャンドル(部屋の明かりとして使える容器入りのものがオススメ):1つ
ライターやマッチなどの火
白い紙1枚
塩(アジ塩ではなく天然塩)
火消し

① まずは、恋の過去を受け入れましょう。
「そんなこともあったね」と、できるだけ穏やかな気持ちで過去の恋を振り返りながら、小さいキャンドルに火を灯し、用意した器に順番に立てていきましょう。
火をつけたら、キャンドルを立てたい所にろうをたらしてその上にキャンドルを立てれば自立してくれますよ。

② 次に、恋の過去を昇華します。
①のキャンドルを1本ずつ、恋の過去を思い浮かべながら、吹き消していきましょう。
炎が消えて、煙が上がって消えてなくなるまで、じっくり時間をかけて丁寧に行ってください。
消える煙と共に、後悔の1つひとつが昇華されていくことを強く念じましょう。
すべてのキャンドルが消える時には、恋の過去を自分の経験として受け止められるようになっているはずです。
※ここで使用したキャンドルは、水につけてしっかり消化したあと、白い紙(A4のプリント用紙などでも可)の上に乗せ、その上にお清めとして塩をふったら、そのまま紙で包んで、ゴミとして処分しましょう。

③ 未来への力をみなぎらせます。
恋の過去をクリアしたところで、これからの未来の幸せと幸運に向かうためのパワーを得ましょう。
大きいキャンドルに火を灯したら、その火が、あなたの暗い過去を美しく輝かせながら、素晴らしい未来への道を照らしてくれる様子をイメージしてください。
あなたの周囲にある暗い部分が光で照らされて、よどんだ空気が消えていくことを考えるのです。
心が明るくなってきて癒されたと感じたら、火消しを使って火を消します。
ここでは、決して自分の息で吹き消さないことが重要です! 火を吹き消す行為は、不浄のものを消すことを意味します。
火を吹き消してしまうと、せっかくのプラスのパワーを葬ることになるのです。

④ 次の日以降は……
③で使った大きなキャンドルに火を灯して、ポジティブな力を思い浮かべていきます。
毎日行ってもいいですが、「もう大丈夫」と思ったら、続ける必要はありません。
けれど、ネガティブな方向に引っ張られている気がした時は、キャンドルの力を借りてみましょう。
キャンドルを使い切る(芯に火がつかなくなってくる)ころには、プラスのパワーが強まっているはずです。

恋愛に限らず、人はだれでも後悔を経験するでしょう。
一見いつも元気で明るい人にも、必ず悩みや暗い過去はあるものです。
でも、それをうまく昇華して、今と未来を生きる自分の力として役立てているのでしょう。
経験のたびに成長して、進化していきましょうね!


ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加