メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

恋愛をしたいと思っていたり、経験がないからこその憧れの気持ちから、恋愛術などのHOW TO記事を熟読している人もいらっしゃるでしょう。
けれど、どんなにマニュアルを見てもそんなにうまくはいかないですし、難しいと思うこともあるかもしれませんよね。
そこで今回は、出会いから恋愛に進めていくための秘術をお教えします。

<恋愛関係も人間関係の1つ>
もっとも重要なのは、恋愛関係も人間関係の1つであるということです。
友達関係、先輩と後輩の関係、仕事仲間とのお付き合いと同じといってもいいでしょう。

たとえば、どんなことでも打ち明けられる親友関係の友達と、ただみんなで集まって騒ぐだけの友達っていますよね。
これは男女関係にも言えることで、肉体関係を結んだからといって、それだけでお互いの考えまで理解できるわけではないですし、恋人関係でも、いつも楽しそうなカップルと、ずーっと無言でただ一緒にいるだけ…というカップルがいるのと同じです。

<信頼関係を築く>
どんな恋人関係になりたいのかでも変わってきますが、すごく仲が良くて一緒にいるとホッとできる恋人関係を目指しているのであれば、友達で言えば「親友クラス」ということです。
下半身だけで結ばれても意味はなく、信頼を築かないといけないということです。
信頼関係は、普通の人間関係の中で重要視されている大切なものですよね。
これがなくては長続きしない男女関係で終わってしまうでしょう。
体の相性が良かったとしても、結局は回数を重ねるうちに飽きてしまいます。
体に飽きたとしても気持ちが通っていれば、そこで途絶えてしまうことにはなりません。

<相手を異性として意識する>
好きな人のことだけを異性として意識するから、いやらしさが出てしまうのです。
そうではなく、すべての異性に対して異性としての扱いをしてみましょう。

たとえば、あなたが女性であれば、食べ物を取り分けてあげたり、お母さんのような優しい言葉(「お疲れさま」など)を掛けつつ、いつも笑顔でいるのです。
「荷物を持とう」と言ってもらった時は「ありがとう。助かる!」と言って持ってもらいましょう。
そうすることで、自然と相手もあなたのことを女性として扱うようになるはずです。
一方、あなたが男性だったら、どんな女性にもレディーファーストをして、ドアを開けてあげたり、奥の席に座らせてあげましょう。
それだけで相手は、あなたが女性として扱ってくれていることを知り、あなたに対して男性として接するようになるはずです。

ここでおさらいです! 好みであろうがなかろうが、すべての異性に行うようにしてください。
そうしないと、「自分に気があるんだ」「でも受け入れられない」と思って避けられるようになるかもしれません。
でも、みんなに同じようにしていればそうはなりません。
自然な感じに異性同士という関係を築きつつ、お目当ての人に心を許してもらうことが重要です。

<会いたいと思ってもらう>
同性同士の友人にも言えることですが、会って楽しいと思ったり、気持ちが安らぐ人とは、また会いたいと思いますよね。
これは異性でも同じです。
恋愛感情があってもなくても、また会いたいと思ってもらうことを繰り返すうちに、「好きになっているのかもしれない」と思い始めることもあるでしょう。
恋を意識し始めてからも、今日は目があった、話すことができた、2人で会えたと、ドキドキしたりハッとしたりを繰り返しながら、どんどんボルテージが上がっていきますよね。
そういう状況をつくることで、恋愛関係に近づいていくのです。

<素直になる>
恥ずかしいから好きな気持ちを悟られないようにする…なんていうのは、思春期の人に任せておきましょう。
バレたらバレたで問題ありません。
相手が喜んでくれて結ばれればそれで万々歳ですが、万が一気まずい空気を感じたら、「好きっていうか、ファンだよね。〇〇さんはステキだから、いっぱいファンがいると思うよ!」などと明るく返してしまいましょう。
あとは相手次第ですが、素直に屈託なく、さわやかなあなたでいられれば、相手もそこまで引いてしまうことはないはずです。
また、それでも迷惑そうな態度を取る人であれば、あなたとは信頼関係を築けないタイプでしょう。交際する価値はありません。

いかがでしたか? 「なーんだ、強力なおまじないじゃないんだ」と思った方もいるかもしれませんね。
でも、これこそ恋愛上手な人たちが本能でやっている、恋愛関係になるためのプロセスです。
当たり前すぎてあまり語られないけれど、一番確実かつ即効性があるという意味で、「とっておきの秘術」と言ってもいいでしょう。

大人になればなるほど、外見がどうの、好みがどうのという夢見がちな話は減っていくものです。
もちろん身だしなみとマナーは大切ですが、「理想と違うから恋人にしない」という人は少なくなるでしょう。
それなりに自分のことを知り、現実を見ることになるからです。
「恋愛=夢見心地」というのは、恋愛関係を始めてからの2人の世界で展開しましょう。
それより前の段階で夢のような恋の訪れを待っていても、待ち続けるだけになってしまうかもしれません。



ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加