メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

水瓶座で重なった土星と木星が織りなすグレート・コンジャンクションで、新しい時代への流れが生じているようです。実際に、生活様式や世界情勢が変わりつつあり、大きな時代の過渡期を迎えているのでしょう。どんな未来が待ち受けていて、自分に何ができるのかも未知数です。
そこで今回は、思考回路をスイッチしてピンチをチャンスに変えるために、アイデアを生み出す秘術をご紹介します。



≪時代の変化≫
時代の変化は、日々の積み重ねから生まれるものです。「ここから」「ここまで」とスイッチをON/OFFするように切り替わることはありません。1つの時代を通過しながら、新しい時代を迎え、さらにそれを通り越して、また次の時代に移り変わっていきます。時代の区切りが100年だとしたら、その中の1年だけで何かが変わることはないでしょう。とはいえ、その1年の出来事が未来に大きな影響をもたらすことはあります。いつどんなことが起こっても不思議ではなく、その時々の状況に、自分なりに対処して適応していくことが重要です。

≪アイデアを生み出す秘術≫
思考回路をスイッチするには、発想の転換が欠かせません。『押してダメなら引いてみろ』というように、まだ試していない別の方法で挑戦することや、いつもと異なる視点から逆転の発想を見いだすことが有効です。アイデアは、ひらめきとして降りて来るものとは限りません。ああでもない、こうでもないと、バカらしいと思えるような案まで真剣に考えていくうちに、複数の考えが1つに結びつき、名案と呼べるアイデアが生まれるのです。そのためには、常日ごろから思考回路を広げておくことが強みになります。
そのために、次の4つを毎日の生活に取り入れていきましょう。

① 選択肢を増やす
AとBの選択肢があって迷っている時は、Cという選択肢を考えてみましょう。例えば、週末の約束をそのまま実行するかどうかで迷っているなら、とりあえず保留にしておくという選択肢を加えてみるのです。どうしてもYesかNoかの二択で考えてしまいがちですが、実は、今決めなくてもいいケースもあるでしょう。
また、別のケースでは、AランチとBランチで迷っていたら、2つしかないランチセットをやめて、単品のメニューを選ぶというCを加えてみる手もあります。2つの選択肢には3つ目を、3つの選択肢には4つ目の選択肢を加えてみることが、視点を変えるエクササイズになるのです。

② ダメだと思うことを可能にする方法を考える
時にはあきらめの良さも必要ですが、「ダメかもしれない」と思ったところで毎回あきらめていては、何も叶えることはできません。本当にダメなのか? どうしてダメなのか? どうしたら可能にできるのか? それを考えてみましょう。答えが見つからなくてもOKです。願いを叶えるために考えることで、可能性を広げられるようになるでしょう。

③ いつもと違うことをする
朝起きて夜寝るまでの行動パターンは、たいてい決まっているでしょう。そのパターンを変えてみたり、いつもは右脚からパンツやスカートをはいているなら左脚からはいてみる、など、毎日の自分と違うことをしてみるのです。それだけで気分や調子が変わるでしょう。気分や調子が変われば、発想も転換しやすくなります。

④ 「悩んでいる」のではなく、「考えている」と思うようにする
「悩んでいる」と思うと、心に問題を抱えていることになってしまいます。そうではなくて「私は考えている」と思うようにすると、心に掛かる負担が減り、もう少し冷静にそれについて考えられるようになるでしょう。現状を過不足なくリアルに受け止めることで、感情ではなく思考を確実に働かせることができるようになるのです。

何もできない時でもいつでも実行できるのがアイデアを生み出す秘術です。アイデアはクリエイティブな発想から生まれます。ダメだとあきらめたり、悲観していては、到底生み出せないでしょう。とはいえ、自分の見たい夢だけを見て現実を見ないでいると、どんどん目標から遠のいてしまいます。現状をリアルに受け止めて、今何ができるかを考えていくことが大切です。


ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加