閉じる
戻る
閉じる

意外に簡単、こどもの日の「柏餅」レシピ!

原 亜樹子
原 亜樹子
柏餅
こどもの日には、手作りの「柏餅」を
5月5日の端午の節句、「こどもの日」に関東を中心に広く食べられる「柏餅」は、江戸時代に江戸から広まりました。柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、柏餅には子孫繁栄の願いが込められていると言われます。

うるち米の粉で作る「新粉餅」で味噌餡や小豆餡を包み、柏の葉でくるむというシンプルな菓子ですが、シコシコと歯切れよく、つるりと滑らかな食感に仕上げるにはちょっとしたコツが必要。作り方に複雑なところはありませんので、ぜひお試しください。

こどもの日には、手作りの「柏餅」を!

柏餅のポイントは「練り」と「蒸し」。手順は簡単ですが、しっかり練ることと、蒸し時間を十分にとることが、美味しく作るコツです。市販の餡を利用するなどして、無理なく楽しく、柏餅を作ってみてください。

次のページで、こどもの日の「柏餅」レシピをご紹介します。

※続きを閲覧するには、スゴ得コンテンツの会員登録が必要です。

ランキング

マイページに追加