1800円の財布を使って金運に見放された!どうして?

あるじゃん 編集部

1800円の財布を使っていたら一気に金運が低下

金運アップを望むなら、長財布を使うと効果的と言われますよね。ところが、心理・占術研究家の天城映(あまき えい)さんによれば、長財布であっても、安い財布では、みすみすツキを落とすようなものと言うのです。

「あるとき、試しに1800円の財布を買って使ってみたことがありました。すると、連載の仕事がクシの歯が欠けるようになくなっていき、収入ダウンに歯止めがかからなくなってしまったのです。その一方で、必要以上に出費が増えていきました」

天城さんは、1800円の財布を使いだしたとたんに金運が下がり始めたといいます(写真はイメージです)

天城さんは、1800円の財布を使いだしたとたんに金運が下がり始めたといいます(写真はイメージです)



それまで自身の金運に自信を持っていた天城さんでしたが、なぜかお金に見放された状態になって茫然自失に。「やっぱり、この財布が原因!?」そう気付いた天城さんが次にとった行動とは————。

財布の値段、カラーはお金の収支と密接な関係が…

「1800円の財布を使い始めてから1年後、上質の財布に買い替えました。すると、次第に仕事が増え、何年もかかってやっと元のペースを取り戻せました」と、上質の財布に切り替えることでお金の不運から脱したのです。でも、なぜ安財布を使うとお金にツキがなくなるのでしょうか。

「それは、財布相応のお金しか入ってこなくなるからです。よく、年収は財布の値段の200倍と言うでしょう? 上質の財布を使えば、それに見合った収入を見込めるようになります。お金がより伸びやかになるんですね」

これが財布とお金の関係です。だから安財布を選ぶことは、“所詮、自分はこの程度”と、自ら限界を設けていることと同じになってしまうのです。

また、上質の財布は、金運を呼び込めるだけでなく、お金に対する“負の執着”から解放してくれると言います。

「お金に対する心構えや意識が変わっていくんですね。自然と無駄遣いが減って貯金ができたり、お金に関して悩まなくなったという人もいます」

無駄な出費を抑えたいなら、財布のカラーも大事なポイントです。

「一押しは焦げ茶色。この色はとても堅実なエネルギーを放っているので、衝動買いが抑えられ、買い物をする前に熟考できるようになります。反対に赤色はタブー。お金を使いたくなってしまうカラーです」

倹約には、落ち着いた色味の財布が有効なのですね。ちなみに、金色や黄色の財布は“縁起が良い”と思えるなら使ってもOKだそうです。

財布をクリーンな状態に保てばさらに金運が味方に!

「財布は1年に一度買い替えるのが理想です。大勢の人が手にしたお金には様々なエネルギーが宿っていて、財布にもたまっていきます。財布を買い替えればそれらがクリアになるのでしょう」

納得です。でも、お気に入りの財布を使い続けたい人もいますよね。そんな人も、浄化だけは必ずしてほしいと天城さんは力説します。

「月に一度は財布の中身を出して、ゴミやホコリを払い落としてください。その財布を水晶の上に置いたり、小さな紙に包んだ塩を財布の中に入れて浄化します」

最後に、日常で心がけたい財布の使い方について伺いました。

「財布にレシートを入れたままにしないこと。また、私の経験上、財布、小銭入れ、カードケースをそれぞれ分けるとお金のエネルギーが下がらないと思います。財布にカードを入れるなら最少にとどめてくださいね」

★次回インタビューでは「“お金がない”の口癖でなぜ貧乏体質になるの?」についてです!


教えてくれたのは……
天城 映さん

undefined

 

心理占術研究家。青山学院大学を卒業後、占いや心理テストに仕事として関わるようになったのをきっかけに、心理学・占い・スピリチュアル学・エネルギーワークおよび、それらに関連する学問を改めて学び直し、現在も継続中。心理占術研究家として活動を開始し、約四半世紀、鑑定・セッションをしたクライエント数はのべにして10,000名を超えた。

取材・文/望月裕美子


※続きを閲覧するには、スゴ得コンテンツの会員登録が必要です。

ランキング

マイページに追加