天才仏師、求めたリアル (3)筋肉の表現

■鑑賞のポイント

 平安末から鎌倉初期にかけて腕を振るった仏師の運慶(1150ごろ~1223)は写実性を重んじたといわれる。天才仏師が求めた「リアル」とは何だったのか。主な出展作品から探る。

■筋肉の表現 尻とふくらはぎ、力士のよう

 運慶とともに工房を支えたのは5人の子どもたち。うち三男の康弁(こうべん)は筋肉の表現にリアルを求めた。代表作が、筋骨隆々の力持ち、興福寺の国宝「龍燈鬼(りゅうとうき)立像」(1215年)だ。

 ウェートトレーニングに詳しい東京大学の石井直方教授は「相手を倒したり、ねじ伏せたりする能力にたけた力士の体を、仏師が見ながら造ったと思う」と話す。

写真

康弁 国宝「龍燈鬼立像」 奈良・興福寺蔵 六田知弘さん撮影

 石井教授が驚くのは、龍燈鬼の尻とふくらはぎ。「尻は大臀(だいでん)筋の内側の中臀(ちゅうでん)筋、ふくらはぎは表面の腓腹(ひふく)筋の内側にあるヒラメ筋が発達している。生身の人間とか、持ち上げにくいものを持ち上げることでついた、すごい筋肉です」

 そんなところまで写し取った康弁は、父のリアルな表現を受け継いだ。英才教育が施されたのだろうか。

>>特集TOPへ

展覧会のみどころ


会員登録

「スゴ得コンテンツ」会員のお客様は、特別展「運慶」の観覧割引クーポンをご利用いただけます。また上記の他に、本展の主要作品をご紹介するスペシャルコンテンツをご覧いただくことができます。

マイページに追加