メニュー
閉じる
戻る
閉じる

生活: 詳細

明治150年に思う…「内臓に染み渡るような」本とは何か 読者から古典50冊を募集(2017/11/12 06:00)

 コピーライターの糸井重里さんが代表を務める「ほぼ日」からメールが届いた。 来年1月から「ほぼ日の学校」を開校するという。何の学校かというと、それは古典。糸井さんは言う。「機能とか損得とか数字とか、目に見えることばかりじゃなく、もっと内臓に染み渡るようなものが欲しい。昔の人が残したさまざまな古典を、…

続きを読むには会員登録が必要です。

会員登録はこちら
スゴ得紹介

コンテンツ一覧

マイページに追加