メニュー
閉じる
戻る
閉じる

三浦春馬さん遺作で共演・松岡茉優、心境語る「素晴らしいお芝居を見てほしい」


【モデルプレス=2020/08/02】女優の松岡茉優が2日、パーソナリティを務めるTBSラジオ「松岡茉優 マチネのまえに」(毎週日曜12時)に出演。先月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)を追悼した。

松岡茉優、三浦春馬さん (C)モデルプレス
松岡茉優、三浦春馬さん (C)モデルプレス
松岡は、三浦さんの遺作となったドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS、毎週火曜よる10時)で共演。三浦さんの代役は立てず、一部台本を書き直して4話で完結。9月15日より放送される。

◆三浦春馬さん遺作で共演の松岡茉優「本当に素晴らしいお芝居を見てほしい」

松岡茉優 (C)モデルプレス
松岡茉優 (C)モデルプレス
「個人的なお話をするというのはどうなんだろうと考えたんですが」と前置きし、「何もなかったようにお話していくのが難しいなと思いまして、ドラマについてのことを少しだけお話させてください。もう2週間とちょっと経ちますが、とても悲しいことがありました」と三浦さんの訃報にふれた松岡。

代役を立てずに放送するという判断について「まっさらな正解というのはないだろうなと思います」としつつ、「でも私のとても個人的な気持ちとして、1ヶ月と少し相手役としてお芝居を受けていた身として、あの素晴らしい猿渡慶太という人物を皆様に見てほしいと思いました。猿渡慶太、猿くんは彼しかいないなと思います。本当に素晴らしいお芝居を見てほしい」と胸中を吐露。

三浦春馬さん(C)モデルプレス
三浦春馬さん(C)モデルプレス
また、「ただもうひとつ、強く願っているのがこれ以上皆様を悲しませたりつらくさせるのは避けたいです。ですので、私たちはこの物語を全力で作っておりますが、もし受け取れないかも知れない、つらくて見れないかも知れないという方はどうかご無理なさらないでください」と突然の訃報を受け入れられていないファンを思いやった。

そして、「私は1ヶ月前からひとつ変わらない思いがあります。このドラマを皆様に楽しんでもらいたいという気持ちです」と同作への思いを語り、「精進してまいりますので、もしあたたかく見守ってくださったらこれ以上のことはないです。頑張ります」と前向きな言葉で締めくくった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加