メニュー
閉じる
戻る
閉じる

竹内結子さんと親子役演じた藤岡弘、早すぎる死に「どうして…」 生前の思い出も明かす


【モデルプレス=2020/09/28】俳優の藤岡弘、が28日に放送されたフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金あさ9:50)に出演。27日に亡くなったことがわかった女優の竹内結子さん(享年40)への思いを語った。

竹内結子さん、藤岡弘、 (C)モデルプレス
竹内結子さん、藤岡弘、 (C)モデルプレス
◆藤岡弘、竹内結子さんへの思い語る

竹内さんがヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「あすか」(1999年)で父親役を演じた藤岡。

竹内結子さん(C)モデルプレス
竹内結子さん(C)モデルプレス
藤岡弘、(C)モデルプレス
藤岡弘、(C)モデルプレス
19歳当時の竹内さんの印象について、「器用なものじゃなくて自分そのままを表現していた。彼女らしい、彼女が自分で持っているそのもの素直な感情を出しているような感じがした」と明かし、「それがかえって好感が持てた。素直でね何でもよく聞いてね、すごく受け入れて質問する子でしたからね。『お父さんお父さん、どう?』とかそういう感じでしたね」と懐かしそうに振り返った。

また「とにかく笑顔が素晴らしかった。可愛くて初々しくてものすごく。別け隔てなく誰にだけそうするんじゃなくて、みんなにとにかく心を開く」と愛される竹内さんの人柄を偲んだ。

◆「真田丸」で再会 抱きついてきた竹内さん

竹内結子さん(C)モデルプレス
竹内結子さん(C)モデルプレス
そして17年後である2016年、2人はNHK大河ドラマ「真田丸」で再共演。

その時の様子を藤岡は「『お父さん!』って飛んで走ってきてくれて『ああ!結子ちゃんだ』って思ったら『お父さん!』って抱きついてね、僕に対してね。もうニコニコ笑って嬉しそうにね。あー人間性は変わってないなって僕は安心しましたね」と語り、竹内さんの突然の訃報に「なんて言っていいか…どうして…早すぎる…」と言葉を詰まらせた。

◆竹内結子さん死去、所属事務所が報告

竹内結子さん(C)モデルプレス
竹内結子さん(C)モデルプレス
所属事務所は「本日9月27日、弊社所属の竹内結子(享年40歳)が、自宅で亡くなりました」と報告。

「日頃よりお世話になっている関係者の皆様、応援して下さっているファンの皆様に、この様な辛いお知らせを申し上げることになり、あまりに突然の出来事で所属タレント、社員は驚きと悲しみで呆然としております」とし、「詳しい状況は現在確認中です。 マスコミの皆様におかれましては、ご家族、ご親族の深い悲しみにご配慮いただきますよう、切にお願い申し上げます」と呼びかけた。

NHKほか地上波各局での報道によると、27日未明に東京都内の自宅で遺体で見つかった。詳しいことは警視庁が現在慎重に調べている。

◆竹内結子、今年1月に第2子出産

竹内結子さん(C)モデルプレス
竹内結子さん(C)モデルプレス
プライベートでは映画「いま、会いにゆきます」で共演した中村獅童と2005年に結婚し、同年11月に第1子男児を出産。2008年に離婚した。

昨年2月に俳優の中林大樹と再婚し、今年1月下旬に第2子を出産したばかりだった。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

◆相談窓口

日本いのちの電話
フリーダイヤル:0120-783-556
【毎日】午後4時~午後21時
【毎月10日】午前8時~翌日午前8時

ナビダイヤル:0570-783-556
午前10時~午後10時

厚生労働省HPより、相談先一覧
【悩みを抱えている方へ】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_info.html

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加