メニュー
閉じる
戻る
閉じる

窪田正孝、俳優人生での転機明かす「一人でずっともがいていた」


【モデルプレス=2020/10/26】映画『えんとつ町のプペル』(12月25日公開)のハロウィンスペシャルイベントが26日、都内で行われ、声優をつとめる窪田正孝、芦田愛菜と、製作総指揮・脚本・原作者のキングコングの西野亮廣が登壇した。

映画『えんとつ町のプペル』ハロウィンスペシャルイベントに登壇した窪田正孝(C)モデルプレス
映画『えんとつ町のプペル』ハロウィンスペシャルイベントに登壇した窪田正孝(C)モデルプレス
本作は、2016年の発売以降ロングランヒットを記録し、累計発行部数が50万部を超える話題の絵本『えんとう町のプペル』をアニメ映画化した冒険物語。声優としてハロウィンのゴミから生まれたゴミ人間・プペルを窪田が、いつも空を見上げ、星を信じ続ける少年ルビッチを芦田が担当した。

芦田愛菜、窪田正孝 (C)モデルプレス
芦田愛菜、窪田正孝 (C)モデルプレス
ハロウィンイベントにふさわしく、自身が演じるキャラクターをイメージした衣装で登場した窪田と芦田。原作者である西野にキャスティングの話が及ぶと「このキャラは嘘があったらいけないと思ったので、お二人にお願いしました。(起用理由は)人間性がデカかったです」とコメント。

◆窪田、人生の転機は19歳で演じた特撮ドラマ

窪田正孝(C)モデルプレス
窪田正孝(C)モデルプレス
ピュアな少年であるルビッチが、ゴミ人間のプペルによって人生が変わる様子を描いた同作にちなみ、自身の俳優人生で転機となった作品を問われた窪田は「19歳の時、『ケータイ捜査官7』という作品での三池崇史監督との出会いが今につながっていますね。人との出会いや現場での出会いを大事にすることを学びました。一人でずっともがいていましたが、一人じゃないっていうことを教えてもらった現場でしたね」と明かした。

◆窪田&西野で“プチ文通”

(左から)芦田愛菜、窪田正孝、西野亮廣(C)モデルプレス
(左から)芦田愛菜、窪田正孝、西野亮廣(C)モデルプレス
窪田は、西野とのエピソードを聞かれると「終わった後に長文の手紙を頂きました。僕を選んでいただいた理由だとか、本当は話したかったけど(コロナもあり)こういう状況だから…と言って。僕も同じことを思っていたのでうれしかったです」と笑顔でコメント。お互い手紙でやり取りをしたプチ文通を明かされた西野は「現場でコミュニケーションをとるのが難しくて、言葉で言うだけでは足りないかなと思って書かせて頂きました」と照れながらも、あたたかい現場の様子を伝えていた。

◆芦田愛菜、夢を信じ続けるために大切なことは…

芦田愛菜(C)モデルプレス
芦田愛菜(C)モデルプレス
芦田は、夢を信じ続ける為にどんなことが大切かという質問に「出来ないって決めつけてしまわないこと。大きな夢だから身の丈に合わないと思わずに、ちょっとでも近づけるように自分の出来ることを考えて、頑張ってみることが大きな夢に繋がると思います」と答えた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加