メニュー
閉じる
戻る
閉じる

Sexy Zone中島健人、なにわ男子は「あざといの絶頂期」 ジュニア時代のエピソード明かす


【モデルプレス=2020/11/15】Sexy Zoneの中島健人が、14日放送のテレビ朝日系バラエティー番組「あざとくて何が悪いの?」(毎週土曜よる9時55分~)に出演。後輩のジャニーズJr.なにわ男子について語る場面があった。

◆中島健人、ジュニア時代のエピソード明かす

先週の放送で、後輩・なにわ男子から西畑大吾と大西流星が出演していたことについて話をふられた中島。2人が「あざとさ」全開だったことを聞くと、「デビュー前ですよね…あざといの絶頂期です」とニヤリ。「俺もジュニア時代は、あざといのエクストリームだった」と口を開いた。

中島によれば、故・ジャニー喜多川氏に「少しでも見てもらいたくて、かばん忘れてみたり、振り付け忘れてみたり」とあの手この手で注目をひこうとしたのだという。さらには普段かけているメガネを外し、おおげさに目を細めることで、「『Youどうしたの』って言われるのを待ってる」と、かなりの演技派。「まず俺はジャニーさんから口説き落としましたね」とあざとさ全開だったことを告白した。

自身の「あざとさ」を次々と明かすことでなにわ男子への対抗心も垣間見せた中島だが「本気度っていうのはやっぱりデビュー前だからなんだろうな」と感慨深げにしみじみと頷くと「熱いっすね、Jr!」とニッコリ。中島らしい爽やかさで後輩たちへのエールを送った。

◆女性の「あざとさ」には疑問も

また「アイドルでも表情管理って大事。タリー(どのカメラの映像が使われているかを示すライト)がついた瞬間に、いかにカメラを目で殺せるか」とアイドルゆえの「あざとさ」を実演する場面も。

一方で女性のカラオケについては「『あざとい』を受信するとちょっと気持ちよくはなれなくなっちゃう」と本心も明かしていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加