メニュー
閉じる
戻る
閉じる

青柳翔、1日激走&冬の海へ飛び込み…“男気”発揮の撮影を振り返る<食い逃げキラー>


【青柳翔/モデルプレス=3月13日】俳優の青柳翔と女優の松本穂香が13日、都内で行われた第10回WOWOWシナリオ大賞受賞作「ドラマW 食い逃げキラー」(3月21日午後8:00)の制作発表会見に出席した。

青柳翔(C)モデルプレス
青柳翔(C)モデルプレス
食い逃げ犯たちに悩まされ続けているおかしなファミレス「ワニーズ」を舞台に、元陸上界の花形スター・川谷省吾(青柳)が、その俊足を認められ、食い逃げ犯を捕まえる“食い逃げキラー”になっていく姿をコメディタッチで描く。

中前勇児監督、松本穂香、青柳翔、浅香航大(C)モデルプレス
中前勇児監督、松本穂香、青柳翔、浅香航大(C)モデルプレス
青柳は「脚本のト書き1行で1日くらい走っていた気がする。でも無事に怪我をしないで走ることも仕事だと思ったので、ケアしてもらいながら」と激走を回想。走るのみならず海にも飛び込んだそうで「しかも冬だった」と苦笑いも「楽しみながらやりました!」と男気を見せた。そんな青柳に中前監督は「青柳さんには挑戦する精神がある。撮影も足が痛かったと思うが、本人は全然イケますよと言ってくれる。一生懸命やるところが好き」と感謝していた。

◆松本穂香、意外な苦労を明かす

松本穂香(C)モデルプレス
松本穂香(C)モデルプレス
松本は「テンションの高い女の子の役。私自身は普段から静かと言われるので、高いテンションを維持するのが大変でした」と意外な苦労を明かし「こんなにずっと喋っているような子を演じたことがなくて、そこが楽しかった」とニコリ。

青柳翔(C)モデルプレス
青柳翔(C)モデルプレス
ドラマの内容にちなんで、自身のあだ名を“小麦粉まみれの松本”と決定し「お菓子作りが好き。お菓子といえば小麦粉、じゃあこれにしようと。まみれにはなったことがないけれど、まみれの方が面白いかなと思って」と説明すると、中前勇児監督からは「現場にお菓子を持ってきたことがないけどね」と突っ込まれていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス for スゴ得で楽しめる♪ 最新情報を毎日更新! エンタメ&ライフスタイル情報ならモデルプレスにお任せ!
31日間「無料」で使ってみる 登録して今すぐチェック!
エンタメ、ファッション、ヘア、メイク、ネイル、美容、ダイエット、恋愛、グルメ、トラベル、テーマパーク情報など、最新ニュースを毎日お届け♪ 思わず見ちゃう! 厳選 スゴ得限定コラム。TOKYOガールの本音告白! #東京女子 大人気コンテンツ スゴ得限定オリジナル動画配信中。編集部が選ぶ! ブレイク必須の注目アーティスト特集
31日間「無料」で使ってみる 今すぐチェック!

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加