メニュー
閉じる
戻る
閉じる

志尊淳、向井理との共演に感動「ものすごくクレバー」<太陽を愛したひと>


【向井理・志尊淳/モデルプレス=7月23日】俳優の向井理と志尊淳が23日、都内で行われたスペシャルドラマ「太陽を愛したひと ~1964 あの日のパラリンピック~」(NHK総合/8月22日よる10時~)の試写会イベントに登壇。お互いの印象を明かした。

向井理、志尊淳(C)モデルプレス
向井理、志尊淳(C)モデルプレス
同ドラマは、“社会の常識”と戦い、1964年の東京パラリンピックを成功に導いた伝説の医師・中村裕(なかむらゆたか)の感動の物語。向井が中村を演じ、志尊は、部活中の事故で車いす生活を余儀なくされる土山アキラ(つちやまあきら)役。

向井理(C)モデルプレス
向井理(C)モデルプレス
共演した印象を尋ねられると、向井は志尊を「すごくまじめな方」と表現。「器用といったら失礼ですが、できちゃうんですよね。車いすも現場で会ったときからウイリーができていましたし。元日本代表のバスケの選手の方が指導してくれたのですが、1回や2回でできるものではありません」と振り返り、「できてしまっているものを演じるうえで下手にやらなければいけないというのは逆に難しいと思うのですが、それをやることもそうですし。器用なのか、努力のたまものなのかは本人にしか分からないのですが、現場でそれができるということが役者にとっては大事なことなので、単純に感動しましたし、『すごいな。うらやましいな』と思いました」と志尊を絶賛。「現場で一緒にいて、まったくストレスのない方なので、年齢とか、経験とか関係なく一緒に作品作りをすることはすごく楽しかったです」と声を弾ませた。

志尊淳(C)モデルプレス
志尊淳(C)モデルプレス
一方の志尊は、向井について「テレビや映画で拝見していた方なので、お芝居をさせて頂くことがとても楽しみでした。実際に言葉を重ねて、とても勉強になる部分があったりなどしました」と回顧。「ものすごくクレバーな方で、現場でもすごくクリエイティブな話を監督と2人でしていて、僕としてはもっと、もっと年が離れているように感じたといいますか、大きな背中に思えました」と共演した感想を明かした。

◆志尊淳、撮影中にハプニング

志尊淳(C)モデルプレス
志尊淳(C)モデルプレス
質疑応答では、撮影中のエピソードが話題にあがる一幕も。向井は、出演の尾上松也が歌舞伎の公演と重なり、スケジュールがタイトだったことを告げ「早く(尾上出演のシーンを)あげて、歌舞伎に集中してほしいなというのはありました」とにっこり。

向井理、志尊淳(C)モデルプレス
向井理、志尊淳(C)モデルプレス
志尊は、撮影の合間に車で移動していた際、車のタイヤが田んぼにはまってしまったそう。車を諦め、「4キロくらい1人で歩いて行ったのはすごく印象的です。汗だくで行きました」というも、「まあ、アキラも10キロを車いすで行ったので、それくらいの気持ちで行かせて頂きました」と涼しげな表情で語っていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
スゴ得コンテンツを利用するには
会員登録が必要です。
モデルプレス for スゴ得で楽しめる♪ 最新情報を毎日更新! エンタメ&ライフスタイル情報ならモデルプレスにお任せ!
31日間「無料」で使ってみる 登録して今すぐチェック!
エンタメ、ファッション、ヘア、メイク、ネイル、美容、ダイエット、恋愛、グルメ、トラベル、テーマパーク情報など、最新ニュースを毎日お届け♪ 思わず見ちゃう! 厳選 スゴ得限定コラム。TOKYOガールの本音告白! #東京女子 大人気コンテンツ スゴ得限定オリジナル動画配信中。編集部が選ぶ! ブレイク必須の注目アーティスト特集
31日間「無料」で使ってみる 今すぐチェック!
会員登録はコチラ

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加