メニュー
閉じる
戻る
閉じる

若槻千夏「稼げると思う」ブランドの後継者候補を語る


【若槻千夏/モデルプレス=11月29日】タレントの若槻千夏が「第11回 ペアレンティングアワード」で文化人部門を受賞。29日に都内で行われた授賞式に、千原ジュニア、りゅうちぇる、安田美沙子と出席した。

若槻千夏(C)モデルプレス
若槻千夏(C)モデルプレス
自身が手がけた絵本「クマタン」シリーズの人気もあって文化人部門の受賞となった若槻。受賞スピーチでは、昨年リポーターとして参加していたことを明かし「そのとき一緒にいたスタッフさんと『ママタレント頑張らないとあの賞取れないよね』って。憧れで夢にみたいたんですけど、ママタレの仕事が来ませんで(笑)。諦めていたんですけどまさか文化人枠という素敵な枠があるとは」と驚いていた。

(右)若槻千夏(C)モデルプレス
(右)若槻千夏(C)モデルプレス
◆若槻千夏「右腕が出来た感じ」

また、トークセッションでは同絵本について「ありがたいことに、私が今まででした写真集より売れていて、個人的に複雑」と自虐を入れつつ、「正直、今回の絵本はほとんど娘が作ったんですよね、あんまり言いたくないですけど(笑)」とニヤリ。「私ももちろん考えているんですけど、お弁当の本があってそのお弁当の中身は全部彼女がデザインしてくれて、色校チェックもしてくれたんです」と回顧。

また、最近長女が日頃から若槻のデザイン作業を手伝うようになったようで、「ブランドの後継者に?」と聞かれると「そうですね、稼げると思います」と答えた若槻。加えて「センスは感じます。子どもなりのセンスなんですけど、私とは違う考え方で、右腕が出来た感じで嬉しいですね」と娘の成長ぶりを誇らしげに語った。

若槻千夏(C)モデルプレス
若槻千夏(C)モデルプレス
若槻千夏(C)モデルプレス
若槻千夏(C)モデルプレス
◆「第11回 ペアレンティングアワード」授賞式

人気育児雑誌6誌が出版社の垣根を超えて集い、2018年に育児業界へ影響を与えたタレントや文化人、ヒット商品や出来事など、今年の子育てトレンドを表彰する同アワード。

若槻が文化人部門を受賞したほか、パパ部門にジュニア、カップル部門にりゅうちぇる・ぺこ夫妻、ママ部門に安田がそれぞれ輝いた。(modelpress編集部)

安田美沙子、りゅうちぇる、若槻千夏、千原ジュニア(C)モデルプレス
安田美沙子、りゅうちぇる、若槻千夏、千原ジュニア(C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加