メニュー
閉じる
戻る
閉じる

ポンパドールの基本のやり方・アレンジ紹介|くるりんぱや三つ編みでこなれ感UP!


ポンパドールの基本のやり方・アレンジ紹介|くるりんぱや三つ編みでこなれ感UP! (C)メイクイット

基本のポンパドールのやり方をCHECK!


「ポンパドール」とは、一般的に、前髪をふわっと立体的にふくらませて高い位置で留めるヘアスタイルのことを言います。
上に持ち上げられるだけの前髪の長さがあれば、ぱっつんでも伸ばしかけでも作ることができる簡単アレンジです。

まずは、ヘアピンだけで簡単に作ることができる、最もシンプルな基本のポンパドールのやり方をご紹介します。

◇HOW TO

(1)前髪を持ち上げてねじる
(1)前髪を持ち上げてねじる (C)メイクイット
まず前髪を取る幅を決め、ひとつにまとめてくるっとねじりながら、後ろ方向へ持っていきます。
(1)前髪を持ち上げてねじる (C)メイクイット

(2)ふくらませてピンで留める
(2)ふくらませてピンで留める (C)メイクイット
ねじった前髪を手で持ったまま、少し前に押し出すようなイメージで、高さを出します。

ポンパドールの形が定まったら、写真のようにヘアピンで固定します。
(2)ふくらませてピンで留める (C)メイクイット

(3)ほぐして形を整える
(3)ほぐして形を整える (C)メイクイット
最後に、バランスを見ながら、少しずつ毛束を引き出すようにして程よい立体感を出せば完成です。


◇仕上がり
基本のポンパドール (C)メイクイット
ナチュラルで大人っぽい基本のポンパドールが完成しました。

形を決める際の“ふんわり感”の出し方が、ポンパドールを可愛く仕上げる大事なポイントになってきますよ。
前髪を取るラインは黒目の外側がちょうどいい (C)メイクイット
また、自分の顔に似合うバランスにするコツとして、前髪をとる幅はだいたい両黒目の外側のラインを意識すると良いでしょう。

それでは、ここからはポンパドールにひと工夫加えた簡単アレンジのやり方をご紹介していきます!


ポンパドールアレンジ〈1〉ちょんまげ風

ポンパドールアレンジ〈1〉ちょんまげ風 (C)メイクイット
ヘアピンではなく、ゴムできゅっとコンパクトにまとめると、“ちょんまげ風”のポンパドールアレンジに。

頭の上でちょこんと結んだシルエットがリンゴのつるのように見えることから、韓国では「사과머리(りんごヘア)」という愛称でも親しまれる髪型です。

◇HOW TO
ポンパドールアレンジ〈1〉ちょんまげ風 (C)メイクイット
作り方はとても簡単。前髪を適当にまるく取って、細いゴムで結ぶだけで完成です!

結び目がゆるまないように、最後にキュッと締めてあげましょう。
ポンパドールアレンジ〈1〉ちょんまげ風 (C)メイクイット
アクセントがほしい時は、カラーゴムで結んだり、ミニサイズのヘアクリップで飾ったりするアレンジもおすすめですよ。
ポンパドールアレンジ〈1〉ちょんまげ風 (C)メイクイット
また、ハーフアップのように前髪の部分よりも広めに毛束をとって結べば、さらに元気でカジュアルな印象のヘアアレンジになります。


ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ

ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ (C)メイクイット
くるりんぱのポンパドールアレンジも、ゴム1本で簡単にできるので、ヘアアレンジ初心者さんにもおすすめ。

いつものポンパドールに飽きてしまった時に、くるりんぱひとつでほんの少し雰囲気を変えることができますよ。

◇HOW TO
ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ (C)メイクイット
まず前髪とトップの髪をざっくり取ったら、毛束をどちらか片側へ持っていきます。
ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ (C)メイクイット
毛束を細いゴムで結んだら、そのままくるりんぱします。
ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ (C)メイクイット
最後に、くるりんぱでねじれた部分を細くつまんでラフにほぐし、形を整えたら完成です。
ポンパドールアレンジ〈2〉くるりんぱ (C)メイクイット
くるりんぱすることによって、繊細にほぐすことができ、こなれ感のあるシルエットに仕上がります。

普通のポンパドールよりもボリュームが出しやすいので、より華やかな印象になりますね。


ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み

ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み (C)メイクイット
こちらの髪型は一見、難しそうにも見えますが、実はポンパドールを三つ編みにしただけの簡単な応用アレンジ。

アクセサリーで飾らなくても、三つ編みの存在感だけで十分、顔まわりのアクセントになりますよ。

◇HOW TO
ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み (C)メイクイット
まず、基本のポンパドールの要領で髪を適量取ったら、その毛束を3等分にします。

そのまま写真のように前方向に三つ編みをしていきます。
ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み (C)メイクイット
3~4回編んだところでゴムで結び、くるっと後ろ側へ返して最後にピンで固定したら完成です。
ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み (C)メイクイット
三つ編みの部分に立体感が出るように、ラフに毛束を引き出してほぐしてあげると可愛いですよ。
ポンパドールアレンジ〈3〉三つ編み (C)メイクイット
くるりんぱよりもさらに複雑なシルエットになるので、個性的でおしゃれな雰囲気に見せることができます。

ベースの髪はストレートでも良いですが、ゆるふわに巻いて可愛らしいイメージに仕上げるのもおすすめ。


ポンパドールアレンジ〈4〉真ん中分け

こちらは、センターで2つに分けて両サイドでふわっと留めた、また少し雰囲気の違うポンパドールの応用アレンジです。

後れ毛をバランスよく出しながら、抜け感たっぷりに仕上げるのがポイント。

◇HOW TO
ポンパドールアレンジ〈4〉真ん中分け (C)メイクイット
まず、前髪を入れたトップの毛をざっくり2つに分けます。

また方の毛束を手にとったら、耳の後ろあたりでねじり、ピンで留めて固定します。
ポンパドールアレンジ〈4〉真ん中分け (C)メイクイット
反対側も同じように、ねじってサイドでピン留めします。
ポンパドールアレンジ〈4〉真ん中分け (C)メイクイット
仕上げに、トップから細く毛束を引き出して立体感を出したら、完成です。

ピンのみで固定するアレンジなど崩れやすいものは、指ではなくクシの先端でそっと持ち上げるとキレイにできますよ。
ポンパドールアレンジ〈4〉真ん中分け (C)メイクイット
ねじって留めただけなのに、抜け感が可愛い今っぽヘアスタイルの完成。

また、髪を耳上からかき上げるように多めに取って、スッキリとハーフアップ風にアレンジするのも可愛いですよ。


【応用】他のアレンジと組み合わせてこなれ感UP


・お団子
前髪を上げて後ろで束ねられるほどの長さがある方は、ポンパドールの終わりをお団子にするアレンジも。

よりふんわりとボリューム感が強調されて柔らかい雰囲気を演出してくれます。

・編み込み
三つ編みのポンパドールよりも一歩差がつく編み込みアレンジ。

ちょっぴりこだわりたい日の前髪アレンジにおすすめですよ。


まとめ


いかがでしたか?

ポンパドールのように前髪を大胆にあげておでこを見せた髪型は、顔の表情を明るく見せてくれますし、普段から前髪を下ろしている方ならこれだけでガラッと印象が違って見えますよね。

なんとなく気分を変えたいな、と思った時に手軽にできるイメチェン方法です。

アレンジのバリエーションも幅広いので、ぜひ普段のヘアセットに取り入れてみてくださいね。(MAKE IT編集部)

簡単前髪アレンジをもっと見る
【簡単】前髪アレンジまとめ|上手な流し方・時短テク、伸ばしかけバングも可愛く! (C)メイクイット

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加