メニュー
閉じる
戻る
閉じる

アイドルが毎日お役立ち情報をお届け

CHEERZ forスゴ得チアーズ

  • マイページに追加して読む
  • マイページに追加

発泡酒なのに泡もコクもすごい!キリン『本麒麟』

ビールに比べて価格が安い発泡酒。ビールと発泡酒をシーンによって飲み分けてる人もいるんじゃないでしょうか。今回紹介するのはキリンから発売されている発泡酒の「本麒麟」。けっこう強気めのCMが印象にありますが、実際のお味はどうなのでしょうか!実飲していきます。

KIRIN 本麒麟

キリンでよく飲む発泡酒は「淡麗グリーンラベル」が多く、ビールだと「一番搾り」ですね。
いつも同じ銘柄を飲むタイプではないので、新製品を試すのは楽しいです。

CMのイメージとパッケージのインパクトが、どれだけ味の世界観を表現しているのか…。

こちらの本麒麟は全面赤色!暖色ということで、重みのある味わいなのかなと想像できます。

そして「長期低温熟成」の文字。公式サイトを見ると、通常よりも1.5倍熟成期間を長くしているそうです。

これは期待できますね!

カロリーはこちら。

では注いでみましょう。

発泡酒ってあまり泡が立たないイメージがあったのですが、本麒麟は泡がかなり立ちますね!

泡があるのとないのでは飲む時のテンションがかなり違ってくるので、これはかなりポイントが高いです。

色味はわかりやすいように後方からライティングしてみました。琥珀色がきれいです。

いつも缶のまま飲む人には、ぜひグラスに注いで飲んでもらいたいですね。発泡酒というイメージが変わると思いますよ!

ではひとくちいただきます。

喉越しはしっかりとして、あとから深いコクがやってきますね…!想像以上の味わいにびっくりです。とにかく、コクがすごいです。

これからの季節、しっかりとした味付けの食べ物にぴったりの味わいですね。そして飲む時はぜひグラスに注いで、泡と発泡酒のバランスも楽しんでみてはいかがでしょうか。

気になったかたはぜひチェックしてみてください!

この記事をお気に入り登録する
  • マイページに追加して毎日記事をチェック
  • マイページに追加
  • 今日の記事
    ランキング

  • 週間記事
    ランキング

  • 新着記事

カテゴリー一覧

今日の天気&運勢

マイページに追加