メニュー
閉じる
戻る
閉じる

JOOKEY(ジョーキー)

メニュー

美人薄命?突然の死が悲しすぎた女性芸能人1位は…

本当に美しかった今は亡き女性芸能人たち。美人薄命とはよくいったものですが、多くの人に愛されただけに悲しみも大きいですよね。今回は「本当に美人だったのに突如亡くなってしまって悲しすぎた女性芸能人」を聞いてみました。

■質問内容

本当に美人だったのに突如亡くなってしまって悲しすぎた女性芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:小林麻央 40.0%
2位:夏目雅子 25.0%
3位:本田美奈子 24.0%
4位:飯島愛 22.0%
5位:坂井泉水 20.0%
6位:松来未祐 5.0%
6位:黒木奈々 5.0%
6位:堀江しのぶ 5.0%
9位:神戸みゆき 4.0%
10位:岩田ゆり 2.0%
10位:川村カオリ 2.0%


◆1位!小林麻央

1位に輝いたのは小林麻央さんです!

大学在学中に明石家さんまさんが司会を務める『恋のから騒ぎ』に出演。一般人でありましたが人気は芸能人並み、卒業後セント・フォースに所属し正式に芸能界入りを果たしました。

笑顔が綺麗な美しい人、上品な立ち振る舞いに育ちの良さが出ていましたよね。2006年に『NEWS ZERO』のサブキャスターに抜擢。社会問題にも心を砕かれていました。同番組にて後に夫となる歌舞伎役者の十一代目市川海老蔵さんと出会います。お二人は2010年にご結婚されました。

「梨園の妻」になった麻央さんは、テレビに出演することはなく、常に海老蔵さんの傍に。お二人の間には長女と長男の子どもがいらっしゃいます。

麻央さんの癌が発覚したのは2014年のこと。懸命に病と闘いましたが2017年に死去。最期お言葉は海老蔵さんに向けての「愛してる」だったそうです。歌舞伎界でも愛された方だけに本当に残念です。


◆2位!夏目雅子

2位にランクインしたのは夏目雅子さんです!

整った顔立ちと意思のこもった強い瞳、ちゃめっけ溢れる性格も多くの人に愛されました。ブレイクのきっかけとなった作品は1978年に放送された『西遊記』。美しき三蔵法師を演じました。これを機にバラエティ番組にも出演しましたが、女優業に集中するため出演を控えるようになりました。

夏目さんが不調を感じ出したのは1985年、舞台『愚かな女』の公演中のことでした。検査をしてわかった病名は「急性骨髄性白血病」。懸命な闘病虚しく同年亡くなってしまいました。27歳、これからという時に、ご本人も本当に無念だったでしょう。

 

■病気は早期発見が大事

いかがだったでしょうか? まだまだ芸能界が活躍して欲しかった方々がランクインしましたね。忙しい日々の中でどうしても後回しになってしまう「病院へ行く」ということ。早期発見であれば治る病気も多い昨今です。一般企業のように「健康診断」が芸能界にも広がって欲しいですね。

 

2018年12月
調査対象:10~40代の男女

 

ランキング

新着記事

ピックアップ

編集部ピックアップ『クイズ特集』

マイページに追加