メニュー
閉じる
戻る
閉じる

JOOKEY(ジョーキー)

メニュー

実はひっそり休業していた驚きの芸能人TOP8

あの人、最近見ないな…と思ったら実は「休業」していた芸能人がいらっしゃいます。そこで今回は「実はひっそり休業していたと驚きの芸能人」を聞いてみました!

■質問内容

実はひっそり休業していたと聞いて驚く芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:吉高由里子 21.0%
2位:松重豊 17.0%
3位:吉幾三 13.0%
3位:ISSA 13.0%
5位:クリス・ハート 12.0%
5位:西野カナ 12.0%
5位:いきものがかり 12.0%
8位:坂口憲二 10.0%
8位:レミオロメン 10.0%
8位:西内まりや 10.0%


◆1位!吉高由里子

1位にランクインしたのは吉高由里子さんです!

スカウトで芸能界入りを果たした吉高さん。2006年映画『紀子の食卓』でデビュー、ヨコハマ映画祭で最優秀新人賞を受賞し、一気に注目を集めました。その後、蜷川幸雄監督映画『蛇にピアス』の演技が評価され数々の賞を受賞。大ブレイクしました。デビューから映画、ドラマとオファーが途切れることはなく、どこか親しみを感じる独特の雰囲気で男女共に人気があるためCMにも数多く出演していました。

2014年、NHK朝のドラマ『花子とアン』のヒロインに抜擢。実は吉高さん、朝ドラが終わったら「2年間くらい休ませて欲しい」と事務所に相談していました。事務所はある条件を出し許可を出したそう。その条件というのが「CMは出て」というもの。契約もありますから妥当な落とし所だったのかもしれませんね。2017年から徐々に仕事を再開されています。


◆2位!松重豊

2位にランクインしたのは松重豊さんです!

渋ダンディ、日本が誇る名バイプレイヤーも休業したことがあるそう。松重さんは大学の頃から三谷幸喜さんが主宰する東京サンシャインボーイズの作品に参加していました。卒業後は蜷川幸雄さんが主宰する劇団「蜷川スタジオ」に入団。三谷さんも、蜷川さんも俳優たちが「この人の作品に出たい」と思う演出家ですよね。順風満帆な俳優人生を切り出したのではないでしょうか。

しかし、転機は松重さんが1989年に「蜷川スタジオ」を退団した後でした。フリーの俳優として活動をスタートしたものの、仕事がなく生活は困窮していったそう。松重さんは「嫌気がさして」俳優を休業。期間は約1年ほどで、多くの人に「戻ってこい」といわれたから復帰したのだとか。苦しかったかもしれませんが、幸せですね。近年では主演ドラマ『孤独のグルメ』が大ヒット。ますます活躍の幅を広げています。

 

■休む期間も必要

いかがだったでしょうか? 「休業宣言」する方もいますが、しない方もいるようですね。吉高さんのようにCMは出演し、ドラマ、映画はセーブするというパターンも。人気商売なので休業は「忘れられてしまうかも」と不安になり心を崩してしまう方も多いそう。思い切って休みを取ることも大事ですよね。大物女優の中にはドラマや映画が終わるたびに海外旅行でリフレッシュする方もいるのだとか!

 

HORANE調べ
2019年1月
調査対象:10~40代の男女

 

ランキング

新着記事

ピックアップ

激選ピックアップ‼芸人のお金にまつわる話‼

マイページに追加