メニュー
閉じる
戻る
閉じる

JOOKEY(ジョーキー)

メニュー

親を越えられず…見なくなった二世芸能人10人

親のどちらか、もしくは両親が芸能人で、自分も芸能界デビューした「二世芸能人」。デビュー当初は話題になりメディアを賑わすことも多いけれど、気づくと消えていたということも多いですね。そこで今回は10〜40代の男女を対象に、「親を超えられず消えたと思う2世タレント」について聞きました。

 

■質問内容

親を超えられず消えたと思う2世タレントはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:坂口杏里(坂口良子) 32.0%
2位:すみれ(石田純一) 18.0%
3位:IMARU(明石家さんま) 15.0%
4位:北野井子(北野武) 14.0%
5位:木村一八(横山やすし) 13.0%
6位:華子(多岐川裕美) 9.0%
6位:京本大我(京本政樹&山本博美) 9.0%
8位:矢沢洋子(矢沢永吉) 8.0%
9位:石橋穂乃香(石橋貴明) 7.0%
9位:紅蘭(草刈正雄) 7.0%

 

●1位 坂口杏里(坂口良子) 32.0%

1位は、女優の故・坂口良子さんの娘である坂口杏里さんでした。2世タレントとして、母娘揃ってバラエティ番組に出演していたこともありましたね。その後は改名してAV女優として活躍していましたが、現在はYouTubeチャンネルを開設し、YouTuberとして活動をしているようです。芸能界では母親を超えられなかったかもしれませんが、YouTuberとして大化けする可能性は捨てきれません!

 

●3位 IMARU(明石家さんま) 15.0%

3位には、明石家さんまさん・大竹しのぶさんの娘で、モデル・歌手として活動するIMARUさんがランクイン。有名芸能人を両親に持つIMARUさん、デビュー後には偉大すぎる親を持つ身として、プレッシャーを感じることがあったそう。テレビでの露出はそれほど多くありませんが、歌手として地道に活動し、着実にファンを増やしているようです。

 

●5位 木村一八(横山やすし) 13.0%

5位にランクインしたのは、故・横山やすしさんの息子である俳優の木村一八さんです。人気ドラマ「毎度おさわがせします」に出演した木村さん、スラリとした長身に整った顔立ち、ちょっとワルな言動で一躍大ブレイクしました。その後不祥事があり一時期芸能界から遠ざかっていましたが、現在はフリーの俳優として、Vシネマなどで活躍しています。

 

■波乱万丈や二世芸能人たち

いかがでしたか?二世芸能人は、「親の七光り」でラッキーなデビューを飾ることも多いようですが、親が大スターであればあるほど、そのプレッシャーに苦しむことも珍しくありません。常に親と比較されてしまうつらさは、本人にしかわからないのではないでしょうか。親とは違った彼らなりの魅力を、違う分野で発揮していくことができるといいですね!

 

2019年1月 調査対象:10~40代の男女

あわせて読みたい

ランキング

新着記事

ピックアップ

激選ピックアップ‼芸人のお金にまつわる話‼

マイページに追加