メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[相関図]2017.11.3
下剋上が続く男子最軽量級
ミニマム級は顔ぶれも多彩
 日本人世界チャンピオンが2人いるミニマム級は、既に国内で下克上が始まっている注目の階級。現在、WBOの王座に就いている山中竜也(真正)は、2月にこのベルトを巻いた福原辰弥(本田F)から8月にチャンピオンシートを奪い取ったところだが、王座を明け渡した福原は11月25日の再起戦でWBC王者のワンヒン・ミナヨーティン(タイ)に挑む。ワンヒンは48戦全勝中の絶対王者。
 日本人世界チャンピオンに話を戻すと、山中とIBF王者の京口紘人(ワタナベ)は、それぞれ年内に防衛戦を迎える可能性が高い。この2人を追うのが東洋太平洋王者で11月11日に防衛戦を控えている小浦翼(E&Jカシアス)と、挑戦者でこの試合を足がかりに一気に世界戦線参入を目指す谷口将隆(ワタナベ)。
 また、日本王者の小西伶弥(真正)も存在感を示している。山中と同門の小西は谷口と4月に対戦して、判定の末に競り勝つと、9月には谷口と同門の小野心(ワタナベ)からも勝ち星を挙げた。では、小西はどこを狙うのか――。同門対決はないので、もう1人の日本人世界チャンピオンに照準を合わす必要がある。IBF王者で谷口と小野と同門の京口だ。
マイページに追加