メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

試合日程

試合結果

動画ニュース

ランキング

選手名鑑
[ニュース]2020.1.31
亀田裁判
東京地裁

 亀田興毅氏ら亀田3兄弟が一般財団法人日本ボクシングコミッションによる不当な処分によって国内で試合ができなくなったなどとして、損害賠償を訴えた裁判の判決結果が31日、東京地方裁判所で言い渡された。

 2013年12月に行われたIBF(国際ボクシング連盟)とWBA(世界ボクシング協会)の世界王座統一戦で、当時IBFチャンピオンだった亀田大毅氏と対戦した当時のWBA王者リボリオ・ソリス(ベネズエラ)が前日計量で契約体重をオーバーした。試合は行われ、亀田氏が敗れた。IBFは試合後、体重超過を理由に「王座は移らず」との見解を示したが、JBCはIBFの立会人が試合前に「亀田氏が試合に敗れた場合は王座を空位とする」と話していたとし、混乱を招いた亀田ジムの活動を停止する処分を下した。

 地裁民事第10号法廷で谷口安史裁判長は、日本ボクシングコミッションに対し①亀田興毅氏に1200万円②亀田大毅氏に750万円③亀田和毅選手に1100万円④亀田プロモーションに1500万円の賠償金を支払うよう命じた。

マイページに追加