メニュー
閉じる
戻る
閉じる
ボクモバニュース

海外情報

海外注目戦

ランキング

テレビ欄

試合オッズ
[海外試合結果]2021.2.14
王座交代や変則開催となった米国W世界戦
GBP&トップランクがイベント

 2つの世界戦がセットされた13日(日本時間14日)米国・カリフォルニア州インディオのファンタジースプリングス・リゾート&カジノのGBP(ゴールデン・ボーイ・プロモーションズ)主催興行。メインイベントのIBF(国際ボクシング連盟)スーパーフェザー級タイトルマッチは、ジョセフ・ディアス(28=米)が体重超過により王座を剥奪。指名挑戦者IBF1位のシャフカッツ・ラヒモフ(30=ロシア)が勝利した場合のみ新王者と認定される変則世界戦となった。

 セミファイナルではWBO(世界ボクシング機構)スーパーウェルター級タイトルマッチ。王者パトリック・ティシエラ(30=ブラジル)vs前WBA(世界ボクシング協会)同級正規王者ブライアン・カスターノ(31=アルゼンチン)による南米対決が行われた。

 また、ラスベガスのMGMグランドでは、前IBFライト級王者リチャード・コミー(33=ガーナ)が登場。WBA同級6位のジャクソン・マリネス(30=ドミニカ共和国)を相手にライト級超10回戦に臨んだ。

マイページに追加