メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2017.05.14

人が「育ちの良さ・悪さ」を感じるポイントとは


 「氏より育ち」という言葉が示す通り、血筋や家柄よりも育った環境や教育が人格形成に大きく影響します。

 幼少時から身についた振る舞いや言葉遣いの問題は、自分ではなかなか気がつくのが難しいものです。こうした問題は、ときに「育ちのよさ・悪さ」として厳しく審判されることがあります。

 多様な社会や文化においては「育ちのよさ・悪さ」の感覚が違ってくることをおことわりしつつ、気をつけたいポイントをおさらいしてみましょう。

●身だしなみ

 もっともわかりやすいのは、身だしなみです。人を不快にさせる「鼻をつく臭い」、「目につく汚れ」など、不潔な要素が散見すると、「育ちが悪い」と見なされることがあります。

 汚れや乱れ...

会員登録はコチラ
スゴ得クーポン
お得にEnjoy♪dポイント!

あなたにオススメのコラム

マイページに追加