メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2019.10.05

上場企業1,841社の「平均年収」とは?


 2018年決算の上場企業平均年間給与額が、東京商工リサーチから発表されています。2591社の平均年間給与は606万2,000円(中央値593万5,000円)で、前年より7万円(1.1%)増加。民間企業平均の432万2,000円(国税庁調べ。平成29年分)と、2017年の段階で167万円の差があります。

●8年連続増加の好成績だが、格差は広がる?

 実際、上場企業の平均年間給与は、2011年以来8年連続で伸びつづけています。業績好調を背景に、上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているものの、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっていると、東京商工リサーチでは分...

ジャンル お金
会員登録ボタン
3/31(火)のクイズ! ホントの話
一番面積が大きい都道府県の1位は北海道ですが、2位の都道府県はどれ?
正解率 : 67.5%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
世界で最も安全な国ランキング―日本の順位は?
2
世界で最も「裕福」な国は?日本は何位?
3
47都道府県の「平均貯蓄額」ランキング
4
世界で最も「評判の良い国」はどこなのか?
5
いま旅行先として人気の都道府県はどこ?

あわせて読みたい

マイページに追加