メニュー
閉じる
戻る
閉じる

line
結婚と恋愛のちがいは?

運命の人と出会い、そして燃えるような恋をして、その最愛の人と永遠に結ばれる…。そのような結婚を夢見る女子が多い現代ですが、しかし、激しく燃える恋の末に結婚をして失敗をする人が多いのも実状です。
そう、恋が盛り上がっている時ほど(トキメイテいる時ほど)、相手を見定める判断を誤ることが多いのです。よく「すごく好きになる人じゃないと結婚したくない」と言う女子がいますが、そもそもその「すごく好き」が激しく燃える恋で、いわゆる一時の感情であり、永遠の愛でない可能性があるのです。
永遠の愛は、淡々としていているかもしれませんが、恋が冷めても残るものです。何十年も添い遂げる結婚相手とうまくやっていくには、「愛」という包容力が必要になるでしょう。それは激しく燃える恋とはまったく異質のもので、相手の最低の部分も許せるかということでしょう。

また、幸せの価値観(何が大事で何が大事でないか)が自分と同じ、あるいは近い人との結婚はうまくいくでしょう。
幸せの価値観は人によってまちまちで、経済的な安定や現実的なことが大切な人もいれば、気持ちを理解してもらえることが幸せにつながる人もいるし、生活が知性的で文化的であるかどうか、人生に情熱や信念を持っているかどうか…などなど、ここではすべて書き尽くせませんが、生きていく上で何が大事で何はどうでもいいという感覚は人によって千差万別です。
ですから、結婚するにあたってその感覚を見極めるのが重要でしょう。相手と話をしていて論点が大きくずれる場合は、幸せの価値観が異なる場合が多いですね。

でも、私たちが当たり前と思っている結婚のスタイルができたのは、日本の長い歴史の中ではつい最近
古代は恋愛と結婚の線引きはあいまいで乱婚状態だったという説も。
古墳時代は夫婦別居の形、鎌倉時代からは家と家の結びつきが濃くなり、お見合いのような形が主流で、恋だの愛だの言っていられない状態。
その後、現代のように自由に恋愛をして結婚するようになったのは戦後(1945年以降)からです。そう、自分の意思を自由に持てるようになったがために、結婚に対する悩みや問題が浮上してきたとも言えるでしょう。
ですから、「」と結婚という社会的な「制度」を共存させるには、努力も必要かもしれませんね。

夜の恋神へ
kaowitch先生とは?

ページTOPへ▲

>>kaowitch先生TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ
iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加