メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

2018年を迎えました。年が変わるたびに、人はなぜ一年の抱負を胸に誓うのでしょうか?

一年の区切りをきっかけに、叶えられなかった目標を再確認して、今度こそ心新たに取り組みたいという思いが生まれるからなのでしょうね。
今回は、これから一年の抱負を2018年中に本当に叶えるための秘術をご紹介します!

<一年の抱負>
一年の抱負はもう決めましたか?
よく「目標は具体的に」と言いますが、今回はむしろざっくりとした抱負にして、それを心の中で強く叶えたいと願うことが実現のポイントになります。
余計なプレッシャーをかけずに「とにかく始めてみよう!」と思える軽い雰囲気のものにしましょう。

例えば、
  ×ダイエットで5Kg痩せる
  ◎ダイエットする

  ×マラソンで10km走れるようになる
  ◎毎日走る

一年は短くて長い期間です。「何となく毎日できた」「それなりにやれた」という状況をつくることが、実現への道につながるでしょう。


<ダメな自分に別れを告げる>
※第6回「理想の人が今実在するのかを調べる方法」で使った人型を使います
用意するもの
 紙(人型に切り抜く)
 2018年用の手帳 または便せん1枚
 鉛筆(シャープペンも可)
 銀色のインクのペン
 ロウソクとマッチなどの着火道具
 灰皿や耐熱のお皿
 お香(お線香でも可)

① ダメな自分人形を作る
図のような人型に紙を切り抜いたら、その人型に、実行力に関する自分の嫌いなところ、悪いところを鉛筆で書きます。
「決心が甘い」「さぼりすぎる」「三日坊主」「実現不可能なことを考えてしまう」「願い事が多すぎる」「言い訳上手」など、昨年の抱負を実現できなかった理由を踏まえたものを挙げていきましょう。
※鉛筆で書くのは「消え去ってほしい自分」だからです。

②理想の自分メモを作る
次に、2018年の手帳(または便せん)に、なりたい理想の自分を、銀色のインクのペンで書いていきます。
「意志が固い」「くじけずに続ける」「夢を実現する」など、今年の抱負を叶える理想の自分です。
※銀色のインクのペンで書くのは、魔を断ち切るため、ダメな自分を寄せ付けないためです。

③"ダメ人形"と"理想の自分メモ"を並べて、じっくり見比べてください。
2つの違いをはっきりと心に刻むのです。けれど、両者ともあなたの中にいる存在です。
残念な自分の正体を突き詰めることで、理想の自分にスイッチする準備ができるでしょう。

④ロウソクに火を灯したら、お香を焚きます。

⑤"ダメ人形"を手に持って、お別れのあいさつをします。
「今までの私、さようなら」と唱えたら、"ダメ人形"を丸めて燃やしましょう。
灰皿やお皿にのせて、燃え尽きるのを見守ります。
※火を使う際は安全に注意して、消化用の水も近くに置いておきましょう!

⑥"ダメ人形"が燃え尽きたら、今までのあなたはもういません。
"理想の自分のメモ"を見つめながら、「今からの私、ようこそ」と唱え、理想の自分になる決心をしましょう。

⑦お香が燃え終わったところで、秘術は終わりです。
メモを書いた手帳は、普通に使ってください。
便せんを使った場合は手帳にはさむか、机の引き出しの中に忍ばせておき、たまに確認して、理想の自分を意識しましょう。


いかがでしたか?
2018年の抱負を叶えるために、叶えられない自分とお別れし、叶えられる理想の自分に変身する秘術でした。
ネガティヴとポジティブはセットで存在しています。
ダメな自分がいるということは、デキる自分がいるということなのです。

今年の抱負、ぜひ叶えてくださいね! どうぞ素敵な一年を!


ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加