メニュー
閉じる
戻る
閉じる
恋愛の神様DX

12月3日、すでに土星が入っている山羊座に木星が入ります。
山羊座は目標を着実に達成する計画的な星座で、土星は山羊座の守護星です。
これにプラスして山羊座の木星をうまく活用することができれば、3日坊主を卒業して念願を叶えられるでしょう。

今回は、山羊座と木星の力を引き出して目標を実現するための秘術をご紹介します。




■山羊座と土星
山羊の守護星である土星は、ローマ神話のサトゥルヌスから名付けられました。
土星は、時間と社会秩序を象徴し、形あるものに終わりを、命あるものに寿命という制限を与え、人間の限界と努力の結果を教えてくれる星です。
生きていくために必要な忍耐力と継続力を人に授け、その力を試すために試練を与えます。

そんな土星を守護星とするのが「山羊座」です。
責任感が強く、長期的な目標に向かってひたむきな努力を続けることができるのも、土星の力が関係しているのでしょう。
試練から逃げ出すことなく、当然のこととして受け止めて向き合うことが、山羊座の達成力につながっているのです。


■木星
勝利や正義を象徴するローマ神話の神ジュピターが語源とされる「木星」は、古来、大きな幸運をもたらす星と信じられてきました。
木星を崇めるだけでもたらされる棚ぼたの幸運を夢見てしまいがちですが、木星が教えてくれるのは、精神性を貫くことが自らの勝利を招き、それが発展と成功をもたらすということでしょう。


■時計
過ぎゆく時を刻む時計は、死する運命のシンボルとされています。
土星が司る制限の1つである「時間」は、命の期限に近づくものともいえるでしょう。
1秒1秒過ぎていく時間をどう過ごすのか? ここに運命を変える秘密が隠されているのです。


≪時計の秘術≫
止まった時計は、動き始める前のまっさらな状態に結び付けられます。
山羊座のように着実な歩みを続けながら、木星がもたらす幸運を最大限に使って目標を実現する秘術です。


用意するもの
 止まった時計(止めた時計でもOK)
 時計の電池
 黒い紙(折り紙でも色画用紙でもOK)
 白いペン
 黒いマーカー

※時計は、卓上の物でも壁掛けタイプでもOKですが、身に付けて持ち歩ける腕時計や、キーホルダータイプの時計なら、よりベストです。
その場合、ベルトやキーホルダーのデザインに「革」が使われているとさらに望ましいので、もしもこの秘術のために時計を購入する場合は、この条件で選ぶと良いでしょう。


① 黒い紙に白いペンで、これから達成したい目標を書きましょう。
できるだけ具体的な方がいいので、漠然とした「〇〇になりたい」ではなく、〇〇になるために必要なことを思い浮かべて、そのためにしなくてはいけないことを1つずつ「〇〇をする」と書いてください。
直したい悪いクセについては「〇〇をやめたい」ではなく、「〇〇をやめる」というように、どんな目標でも願い事としてではなく、成すべきこととして断言することがポイントです。


② 目標を書き終えたら、時計の時刻を合わせて動かします。
今の時間に合わせますが、動かし始めのタイミングは、1時11分、2時22分など、3桁が揃う「ぞろ目の時刻」にしましょう。

※ショップで電池交換をお願いする時計の場合は、受け取って使い始めるタイミングを「ぞろ目の時刻」にしてください。


③ 時計が動き始めたところで、目標を書いた黒い紙を音読します。

※目標のうちの1つが達成する時まで、寝る前に毎日読み上げてください。


④ 目標をクリアした時は、黒いマーカーで達成した目標を塗りつぶして消します。
ここからは、寝る前の読み上げはなしにしても構いませんが、目標への歩みが止なっていると感じた時は、読み上げを再開してください。


時計を動かすことで新しい始まりが訪れます。
ここからの1秒1秒の歩みがあなたの未来を変えていくのです。
山羊座と木星の力を引き出して、目標を実現していきましょう!


ページTOPへ▲

恋愛の神様DX
>>禁断の秘術師LUA TOPへ
占い・夢占い・恋占い恋愛の神様TOPへ

iXIT Corporation
All Rights Reserved.
原稿提供元アカデメイア
マイページに追加