貯蓄の達人に学ぶ!”プチ贅沢”のボーダーラインは?

西山 美紀
西山 美紀

”プチ贅沢”をしていても貯められる人になろう!

時にはプチ贅沢をして、ストレスを溜めずに貯蓄を続けたいですよね。

時にはプチ贅沢をして、ストレスを溜めずに貯蓄を続けたいですよね。

例えば、ちょっとカフェに寄ること、おいしいケーキを買って帰ったり、ネイルやエステに行ったりすること。お子さんがいる方は、かわいい洋服を買ったり、新しい習い事を始めたりすること……。”プチ贅沢”といっても、人によってさまざまなものがありますよね。

ところが、貯蓄をしようとすると、「プチ贅沢も、全部やめなくてはいけないの?」と、窮屈に感じる方が多いのではないでしょうか?

いえいえ、決してそんなことはありません。何もかも我慢してお金ばかり貯めていても、あまり幸せではありませんよね。何よりストレスがたまって、いっきにドカン!と散財してしまう危険性があります。

これまでたくさんの方の取材を通して、”貯められる人”の1か月の収支を見てきたのですが、”貯められる人”も、意外とそれぞれの”プチ贅沢”をしているんです。

ただし、“貯められない人”との大きな違いがあります。それは、”貯められない人”は、日々”プチ贅沢”をしてばかりだということ。「これくらいだったらいいよね」なんていいながら、積もり積もっていつの間にか何万円、何十万という大きな出費になってしまうのです。

では、”プチ贅沢”をしながら"貯められる人"になるには、いったいどうしたらいいのでしょうか?

“プチ贅沢"のボーダーラインは
“年間出費”で計算して判断しよう!

「この”プチ贅沢”はOKかな?」……そう迷ったときにオススメしたいのが、”1年間でどれくらいの出費になるか計算してみる”ということです。

例えば、2カ月に1回行く美容院で、2回に1回ヘッドスパをするのが楽しみだったとします。1回あたり5000円の追加だとして、4カ月に1回のペースなので、1年間で1万5000円の出費です。それくらいでしたら、OKな範囲なのではないでしょうか?

ところが、毎日カフェに寄るのがプチ贅沢だという方もいます。1回あたり500円の出費でそれほど高くないような気がしますが、平日通い詰めていると、500円×20日=1カ月間で1万円の出費です。1年間で考えると、12万円もの出費になってしまいます。高いバッグが買えちゃいますね。これでは"プチ贅沢"だなんて、かわいく"プチ"をつけてはいけない気がします。できれば、回数を減らして出費を抑えたいところですね。

もちろん、カフェに寄ることでテンションを上げる大切な時間だったり、カフェで資格の勉強をしていたりという方は、必要な出費といえます。「ここは絶対に譲れない!」という出費がある場合は、他の出費のなかで優先順位が低いものを削るようにして、全体の出費が増えすぎないようにしましょう。

1年間あたりの"プチ贅沢代"を決めておくとさらにOK!

そして、1年間あたりの"プチ贅沢"全体の出費も考えてみましょう。プチ贅沢の1年あたりの出費が1万円だったとしても、プチ贅沢を50個も100個もしていたら、50万円、100万円という大きな出費になってしまいます。

できれば、あらかじめ1年間あたりの”プチ贅沢”の予算を決めておくことをオススメします。その予算さえしっかり守っていれば、どんなジャンルのプチ贅沢でもOKとなるのです。

私が取材をしてきた"貯められる人"も、プチ贅沢をしつつ、プチ贅沢の出費が増えすぎないように気をつけているいる人がたくさんいらっしゃいました。

いかがでしたでしょうか? “プチ贅沢”はなくす必要はありません。OKかどうか迷った時は、“1年間あたりの出費はどれくらいかな?”と、まずは計算してみてくださいね!

【関連記事をチェック】
家計簿がニガテなズボラさん必見!ラクに貯蓄するワザ
貯めたい人必見!貯蓄がニガテな人のよくある行動3つ
スーパーで5%オフなどの割引デー、何を買うとお得?


※続きを閲覧するには、スゴ得コンテンツの会員登録が必要です。

ランキング

マイページに追加