メニュー
閉じる
戻る
閉じる

朝起きられない…病気かも? 思春期に多い「起立性調節障害」とは

image

 朝起きられず遅刻や欠席を繰り返すのに、夜には元気になる-「起立性調節障害(きりつせいちょうせつしょうがい)(OD)」は思春期に多く、中高生の約1割が発症する病気だ。近年は認知度が高まってきたものの、周囲から「怠けている」と誤解され、ストレスで病状が悪化、不登校に至る患者や、追い詰められる保護者も多い。適切に対応するには、まず病気への理解が大切。専門医らの話を聞いた。

続きを読むにはお申込みが必要です。

会員登録はこちら
マイページに追加

あなたにオススメ

マイページに追加