メニュー
閉じる
戻る
閉じる

彼と喧嘩して気まずい…また元通りのラブラブな関係に戻る5つの秘策 スゴ得限定


【恋愛コラム/モデルプレス】彼と喧嘩しちゃった…。こんな状況になると、仲直りするまでの時間が気まずくてズルズルと喧嘩を長引かせてしまいがち。しかし、どこかで区切りをつけないと、いつまで経ってもその空気は払拭されません。そこで今回は喧嘩した彼とラブラブに戻る5つの秘策をご紹介します。喧嘩を終わらせて仲直りをしましょう。

彼と喧嘩して気まずい…また元通りのラブラブな関係に戻る5つの秘策(photo-by- tverdohlib/Fotolia)

♥結論が出るまでとことん話し合う

喧嘩をしていく中で「どうしてもここだけは納得がいかない!」と思う部分も出てくるはず。

そんな時はそれに対してあなたも彼も納得できる結論が出るまで、とことん話し合ってみましょう。

この時に注意することは、どうして納得がいかないのかを冷静に話すということ。

感情的になってしまうと、喧嘩を悪化させてしまう可能性があります。

「こういう理由があるから納得がいかないの」と順序を立てて話をすれば、彼もそれに対して真面目に答えてくれるはずですよ。

♥少し距離を置いてほとぼりが冷めるのを待つ

冷静に話し合いをするのが難しいという場合は、少し彼と距離を置いてほとぼりが冷めるのを待ちましょう。

その間にあなたも彼も、冷静になって「あそこは自分が悪かったな…」と思うようになります。

あとは、どっちから謝るか…。

あなた自身が「ここは自分が悪かった」と思ったら、その段階で彼に謝罪をしましょう。

そうすれば彼もあなたの謝罪につられてきちんと謝ってくれるはずですよ。

冷静になればきっと彼との喧嘩も終わるはず(photo-by-deagreez/Fotolia)

♥さり気ない感じで謝ってみる

改めてがっつり謝るのはちょっと…という人は、さり気ない感じで謝ってみましょう。

本当にさり気ない感じで良いです。

紅茶やコーヒーを淹れながら「そういえばあの時は言いすぎた、ごめんね」という風に謝るのも良し。

何か二人で作業をしている時にボソッと謝るのも良し。

この“さり気なさ”が、喧嘩を重たくしないプラスの要素として働くので彼の方も「良いよ、俺もあの時は悪かった」と謝ってくれる可能性があります。

これが上手く成功すれば、その後に流れる空気がとても心地良いものになっているはずです。

♥お互いの好きな場所でデートをして謝る

「喧嘩を終わらせる謝罪の場」を設けるのがちょっと重たい。

そんな時は、お互いの好きな場所でデートをすることを提案してみましょう。

好きなお店やスポット、お気にいりの公園や初デートで行った場所などどこでも構いません。

そういった場所に足を運んで、デート中に「あの時は本当にごめんね」と謝れば彼もきっと許してくれるはずです。

お互いが好きな場所でのデートということもあって、謝罪後の雰囲気が楽しくなることは間違いなし。

いつも通りの二人で、デートを楽しむことができますよ。

♥彼の顔を見て深々と謝罪をする

何をしても彼の怒りが収まる気配なし…。

そういう場合は、きちんと彼の顔を見て謝りましょう。

この場合、喧嘩の謝罪をLINEや電話で済ませようと考えているのであればそれは得策ではないので止めておくのがベター。

恋人同士の喧嘩は、ヒートアップすると感情的になってしまうため、顔が見えない状態で謝罪をする選択をすると「本当に悪いと思っているのかよ」と、より彼をイライラさせてしまう可能性が出てきます。

また「会うのが気まずいから」「何となく顔を合わせたくないから」という自分本位の理由が彼に伝わってしまうため、余計に彼との関係がこじれてしまうことも…。

きちんと彼に会って、自分の悪いところを冷静に話して深々と謝罪をしましょう。

そんなあなたの姿を見て、彼もあなたに謝ってくれるはずですよ。

またいつもどおりのラブラブな二人に戻ろう(Photo by wavebreakmedia)

いかがでしたか?

喧嘩した勢いで別れた後に「本当はこんなつもりじゃなかったのに…」と泣いてしまうことだけは避けたいですよね。

意地を張り続けたくなる気持ちも分かりますが、彼の怒りが収まらないということは喧嘩を通してあなた自身も何かしらやらかしているということ。

自分の非をしっかりと受け止めた上で、彼に謝罪をして仲直りをしましょうね。(modelpress編集部)

スゴ得限定コンテンツ

動画コンテンツ

マイページに追加