テレビ東京

BOOKMARK

ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~

毎週金曜 夜8時放送!

イントロダクション

直木賞作家・荻原浩の人気作品
"ユニバーサル広告社"
シリーズ初の連ドラ化!

かつては一流広告代理店の売れっ子であり、時代の寵児とも言われた時もあった杉山(沢村一樹)。自分の力を信じて、大手広告代理店を飛び出し独立を考えたが思い描いていたようにうまくは行かず、弱小会社「ユニバーサル広告社」に拾われる。 不運は続き、会社の移転でたどり着いたのが港町の寂れたシャッター商店街...。 だが、どんなに寂れて活気がない町でも、人が生きている以上、悩みがあり、小さな依頼だが仕事がある。新天地で弱小広告社の新たな奮闘が始まる。

テレビ東京 制作局 ドラマ制作部 プロデューサー田淵俊彦:コメント

最近のテレビドラマを見回してみてほしい。如何に「刑事もの」や「医者もの」と呼ばれる、善悪が分かりやすく刺激的なドラマが多いことに気が付くだろう。そんな中、かつての「ホームドラマ」のように「生きるってことは素晴らしい」とか「人と交わるって面白い」といった、シンプルなテーマを真っ向から描いたドラマを創れないものかと思い続けていた。それを実現するために私が狙ったのが、「3つの要素の相乗効果」である。 一つ目は「原作」だ。私は直木賞作家、荻原浩氏に目を付けた。荻原氏は若年性アルツハイマーを扱った硬派なものからサラリーマンの悲哀や旅芸人のユーモラスな話まで、実に幅広いジャンルを手掛ける素晴らしい小説家だ。沢山の作品の中から、私は荻原氏が広告マンであった頃の経験を基に書いたという「ユニバーサル広告社」を選んだ。広告という流行の先端を行くような材料をうまく使いながら、「人情」や「人と人との絆」といった普遍的なテーマがしっかりと作品の芯として貫かれていることが見事だと思ったからだ。
二つ目の要素「脚本家」は、岡田惠和氏がベストだと思った。岡田惠和氏の書くドラマの登場人物のセリフには人生がある。その人が過ごしてきた時間や年月や悲喜交々が織り込まれている。
最後の三つ目の要素は「主演」である。沢村一樹氏は孤高の刑事をやったら結構渋いし、超ワンマンな社長になれば十分にムカつくし、お人好しのサラリーマンを演じたら思い切り笑える。つまり「中途半端ではない」「振り切った」表現が素晴らしいと常々思っていた。
そして「荻原浩×岡田惠和×沢村一樹」という3つの要素が交わるステージとして選んだのが、日本各地で1980年代後半頃から問題が顕著化している「シャッター商店街」だ。ちょっぴりシニカルな社会問題も入っているが、決して堅苦しいドラマではない。商店街のかなりおかしな人々と残念なくらいイケてないユニバーサル広告社の面々が繰り広げる、王道の「人生ドラマ」。金曜の8時は安心してテレビの前に座り、泣いて、笑って、感動する時間を過ごしてもらえると確信している。

主題歌

オープニングテーマ
GLAY「あなたといきてゆく」(ポニーキャニオン/LSG)

番組概要

原 作 荻原浩
『花のさくら通り』~ユニバーサル広告社シリーズ~(集英社文庫刊)
出 演 沢村一樹
和久井映見
片瀬那奈
要潤
やついいちろう
入江甚儀
でんでん
三宅裕司
主題歌 GLAY『あなたといきてゆく』(ポニーキャニオン/LSG)
脚 本 岡田惠和(NHK『ひよっこ』)
谷口純一郎(WOWOW『本日は、お日柄もよく』)
監 督 川村泰祐(映画『海月姫』)
及川拓郎(テレビ朝日『刑事7人』)
プロデューサー 渡辺良介(大映テレビ)
熊谷理恵(大映テレビ)
制作協力 大映テレビ
製作著作 テレビ東京

キャスト

  • 杉山利史

    沢村一樹

    ユニバーサル広告社社員。
    クリエイティブディレクター。
    かつては大手広告代理店で働き、時代の寵児などともてはやされ、人生絶好調であったが、仕事でもめ退社。いろいろあって、小さな小さな弱小広告代理店に拾われ働き始めることに。口には出さないが、広告という仕事を深く愛している。

    キャスト

    沢村一樹:コメント
    テレビ東京さんの連続ドラマに参加するのは初めてなので、とても楽しみにしています。しかも今回は特番からの連ドラということで、より一層気合を入れて臨みたいと思います。岡田作品は「ひよっこ」に引き続きなので、岡田さんの世界観を表現する為の準備は十分整っています!
    荻原先生の人情味溢れる原作を、岡田さんがいかに肉付けしてくれるか、今から楽しみです。
    スタッフ・キャスト、みんなと息を合わせて、テレビ東京でしか作れない連ドラを 視聴者の皆さんにお届けしたいと思います。
    連ドラ主演制覇については、20年コツコツとやってきたなかで、周りのスタッフや今回脚本の岡田さんはじめ、支えて下さった方々との出会い、そしてテレビの前で応援して下さった方々のおかげだと思っています。でも正直、僕自身は制覇という実感は全くありません(笑)。

  • 藤沢さくら

    和久井映見

    純喫茶「ジュルビアン」看板娘。
    街の憩いの場「ジュルビアン」で父親と共に働いている看板娘。
    やる気がないわけではないが、客は来ない、商店街の店はどんどんなくなっていき、さらに独身と将来に絶望しつつある。なんとかしなきゃいけないと思いつつ流されていく日々。

    キャスト

    和久井映見:コメント
    ユニバーサル広告社の皆さんとの場面、沢村さん、片瀬さん、要さん、三宅さん、撮影中のチームワークというか、そこにある空気があったかく前に進んでいくかんじが本当に素敵でかっこ良くて。
    さくらが広告社の皆さんと出会って、感激、感動をおぼえたように、私自身もご一緒させていただける時間、すごく嬉しいです。さくらは自分のかかえている事、自分の暮らす商店街に思うこと、いろいろありながら、このユニバーサル広告社の皆さんとの出会いによってまた人生が動き出す、好奇心も忘れない明るさも持った女性です。魅力的に演じられるよう頑張りたいです。

  • 猪熊エリカ

    片瀬那奈

    ユニバーサル広告社社員。
    無愛想だが仕事は完璧な事務担当。
    仕事は有能だが、それを活かせる職場環境ではないので、どうやら副業に邁進している。事務職とは思えない服装や持ち物はどこか高価でため込んでいるという噂もある。美人ではあるが、怖いのであまりモテはやされてはいない。

    キャスト

    片瀬那奈:コメント
    ユニバーサル広告社の経理担当猪熊こと片瀬那奈です。
    珍しく寡黙です。仕事は出来る人ですが、毒舌です。
    とにかく台本が面白くて読み入ってしまいます。
    ユニバーサル広告社のメンバーのキャラが、各々拗らせていまして、会話しているだけで楽しいです。
    そしてまた珍しくメンバー皆高身長。
    172㎝の私にはとても落ち着ける現場です。
    ご家族で、お一人で、どなたとでも御覧いだだきたいです!

  • 村崎六郎

    要 潤

    ユニバーサル広告社社員。
    サブカルこじらせ系デザイナー。
    常に文句ばかりで他人のことを悪く言う天才だが、自分の力のなさもわかってはいる。かつてトップコピーライターだった杉山に妙な嫉妬心もあり、つい、つっかかる。キャンピングカーに暮らし独身ライフを満喫しているかのように見えるが実はさみしい...。

    キャスト

    要 潤:コメント
    岡田惠和さんの世界観に思う存分浸れる事に喜びを感じています。 村崎という役は、ロックをこよなく愛し、少しヤンチャで、しかし仕事に対する情熱は人並み以上に持っている男です。
    ヤンチャが故に失敗をしてしまう事もありますが、ユニバーサル広告社のメンバーの皆さんの愛情に囲まれて何とかやり繰り出来ていると思います。
    グチグチ文句を言う時もありますが、それは愛情の裏返しです。おそらく、その部分を上手く表現出来れば、この役と良い距離感で歩む事が出来ると思います。仕事に行き詰まったり、人間関係で悩んだりした時にはこのドラマを観て、クスッと笑ったり、ちょっと泣いたりして、また頑張ってください。そんなドラマです。

  • 石井健一郎

    三宅裕司

    倒産寸前のユニバーサル広告社社長。
    飲み屋で知り合った杉山を社員として拾った人物で人は良く広告愛はひときわ強いが、センスも才能もほぼ皆無。かつての有名人、杉山を雇うことで仕事が増えると期待もあったが、今のところ伸びてはいない。妻と年頃の娘が怖く、会社に来ることだけが楽しみな人。

    キャスト

    三宅裕司:コメント
    昨今、視聴率第一主義のテレビドラマ界は、設定が奇抜だったり、マンガが原作という作品が多いように思われます。
    そんな中で「家族が揃って楽しめる昔ながらのホームドラマを復活させたい」という想いに賛同して、参加させて頂きました。
    私が演じるユニバーサル広告社の石井社長は、人情に厚く、仕事に対しての熱意もあるが、情に流されやすく、ちょっと間が抜けているという憎めない男です。岡田惠和さんの創り出す面白おかしいセリフを大切にしつつ、楽しく演じたいと思っています。
    出演者には、岡田ワールド体験者が多く、撮影初日から自然と和気あいあいとした楽しい雰囲気になりました。この空気は、きっとテレビの画面からも感じて頂けると思います。

  • 一の瀬始

    入江甚儀

    カフェかもめ店主・町内放送担当。
    実家の本屋が閉店し、回想してカフェを運営しているが客足も悪く節約の為と開店休業中。一度は街を活性化させたいと町内放送を始めるが、話題にならずやる気ゼロに。

    キャスト

  • 城田光

    やついいちろう

    ネットオークションで生計を立てている引きこもり。
    ネットオークションと聞くと一見流行りでお洒落に聞こえるが、両親と死別し閉店した雑貨屋の在庫が高額で売れると分かりつぶれたお店の在庫(親の遺産)で生計を立てている。

    キャスト

  • 藤沢宏

    でんでん

    純喫茶「ジュルビアン」店主でさくらの父。
    忙しいのがあまり好きではなく注文が多いと少し怪訝な態度をとるが店で出すエビピラフは絶品、だが値段は...。 杉山に対して、広告屋に対して異常な嫌悪感を発する。

    キャスト

相関図

画像をクリックすると拡大します。
※画像拡大後は、端末の戻るでお戻りください。

放送局情報

テレビ東京・テレビ北海道・テレビ愛知・テレビ大阪・テレビせとうち・TVQ九州放送・テレビ和歌山・びわ湖放送・奈良テレビ 2017年10月20日(金)スタート!
毎週金曜 夜8時~

番組一覧を見る

TOPページに戻る

マイページに追加