メニュー
閉じる
戻る
閉じる

毎日読めるお役立ちコラム

テキストサイズ
DATE/ 2019.03.04

平成の30年間を「流行語大賞」で振り返る


 1989年1月8日に始まった「平成」の時代。約30年間、様々な出来事がありました。その年その年で注目を集めたフレーズや事件は何だったのか、流行語とともに振り返ってみたいと思います。懐かしい流行語、その瞬間だけ注目を集めた“一発屋”、今でも日常的に使われている言葉などなど、1年ごとに見ていきましょう。

【1989(平成元)年】
新語部門・金賞 セクシャル・ハラスメント
流行語部門・金賞 オバタリアン/オバタリアン(旋風)
 「セクシャル・ハラスメント」は当時新語として扱われていました。悲しいことに30年経ってもハラスメントはなくなりません。パワハラ、マタハラなど「~ハラ」というくくりは増える一方です。...

ジャンル くらし
会員登録ボタン
1/26(火)のクイズ! ホントの話
日本で一番長い川は、信濃川ですが、世界で一番長い川はどれでしょう?
正解率 : 65.8%
今月のあなたの順位
---位
全国ランキング

関連記事

よく読まれている記事

1
ファストフードの「原価率」ってどれくらい?
2
「公衆電話」がなくならない理由とは?
3
なぜ嫌われる人はそのことに気付かないのか?
4
会社をダメにする「サイレントキラー」の正体
5
JRと私鉄、意外と知らない「年収格差」

あわせて読みたい

マイページに追加